上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ジョン・バーニンガム / John Burningham 絵本原画展が開催されました。
これが、素晴らしい原画ばかりだったのです!
2週間ほど前に終了してしまった
ちょっと古い話ですが書きとめておきます。

昨年関西で開催済みだったそうですが
2008/1/31~2/18 まで「大丸東京新店オープン記念」と銘打って
デビュー45周年の巨星の原画を展示してくれました。
主催は読売新聞社。

この原画展に合わせてバーニンガム自身が来日し、
2日間に渡ってサイン会を行ったとのこと。
残念ながら私が行った日は最終日に近い日だったのですが
それでも入場者は多かったと思います。

このブログではあまり投稿していませんが
バーニンガムの絵と物語が私は大好きです。
たくさん読んできました。
多くの絵本についてSSS書評にレビューを投稿しています。

「あの絵本の原画、この絵本の原画」

絵本原画は約120点展示と案内に書かれていましたが
ビックリしたことが2つあります。

ひとつは、子供の頃小さなトレーラーハウスで生活し、
10代で各国を放浪していたという生い立ち。
良心的兵役拒否者としての免除審査を受けていると。
そういう制度があるということと、自由への気概。
その経験が作品に反映されるのかわかりませんが
バーニンガムの絵の作り方がどんどん変わっているんです。
ペン画からモンタージュまで、いろいろ自由に描いている
感覚が伝わってきます。

もうひとつは、原画の大きさです。
絵本と同サイズ位なのかと思っていたら
縦60~70cm位, 横40~50cm位ありそうな原画ばかりでした。
Seasons (1969年) の秋の風景のオレンジ色の綺麗なこと。
あの色は印刷ではだせないでしょう。
バーニンガムというと緑色が基調色として印象に残るのですが、
原画を見るとオレンジ色の美しさが素晴らしかった。
 
スポンサーサイト

2008.03.02 | 映画・展覧会 | トラックバック(0) | コメント(2) |

私も行きました。
本当になまの絵は来ますよねぇ~~。
バーニンガムの原画は初めてだったんですが、私も色に驚きました。
絵本では話やユーモアなどの方に、どちらかというと目が言っていたんですが、こんなに美しい絵を描いてきた人だったんだと気がつかされました。
 若い時の夫婦の写真もかっこよかったですよね。

2008.03.02 17:56 URL | のんた #- [ 編集 ]

絵本好きでこの絵本原画展に行けなかった人は
本当に残念だったと思います。

>バーニンガムの原画は初めてだったんですが、私も色に驚きました。

そう!!ここですよね、のんたさん。
これに気づかない人はバーニンガムの絵本を読んでないだろ、って
断言してしまいます(笑)

いままで読んでない人が偶然見たとしても
十分楽しめる展覧会だったと思います。

オクセンバリー(奥さん)と一緒に写っていた写真はあまり記憶に残っていない...
写真で一番記憶に残っていたのはおじいちゃんと娘さんがピアノを前に座っているやつ。

おなかいっぱいになる絵本原画展でしたね。

2008.03.02 23:45 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/221-41762797

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。