上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

TV映画:ダールの『南から来た男』でハラハラドキドキし、
3/14の記事 で書いたように
レベル3のGR本とはいえ、英文を読むことなく1冊まるまるリスニングだけで
楽しめたという体験をしたので、どれくらい「英語の耳」が進んでいるのかと思い
沙羅さんの The Daily English Show! の sunday Kitchen を聴いてるけど、
あいかわらず道が遠いことを実感。

そこで、発売されたばかりの季刊本を買ってきました。



多聴多読マガジン vol.3 / コスモピア

ちなみに vol.2 は購入済ですが、
昨日行った本屋では創刊号から最新号まで平積み販売してました。



多聴多読マガジン vol.2 / コスモピア

で、最新の vol.3 春号について書きます。
上記のリンク先が出版社の案内なので、
全体的なことはそちらを見てもらえばわかると思います。
そこで、付属のCDについての感想。

トラック数43、トータルで 73分 の長さですが
1分程度の日本語の案内が9トラックほどあります。

あと、
なま素材2
『初公開! Oxford Reading Treeはこう創られる
   -ロドリック・ハント&アレックス・ブリクタ』
これの録音状態があまりよくない(と本誌にも書かれてる)、というか
音がこもってしまう感じで、聴きにくい。質問の音声がスタジオ録音の
ハッキリした声なので、よけいに落差がきわだってしまっています。

それ以外の音声は問題ないので、とてもお買い得な雑誌だと思います。
まるごと本と朗読が収めてあるデータは

1. What's the time (Fast Forward シリーズ) 3:49
2. The Broken Roof (Oxford Reading Tree Stage 7) 8:15
3. Inspector Logan (Cambridge English Readers レベル1) 13:24
4. The Housewife Spy (Penguin Readers) 12:33

3. は第1~2章だけですが登場人物の紹介ページもキチンと掲載
4. は短編集 Story of Courage よりの一遍

読みものとしては酒井先生の『こども式シャドーイング教室』の
シャドーイングQ&Aをとても興味深く読みました。(107ページ)

「もし、シャドーイングが向いてないな、と思ったら無理に続ける必要はありません。」

う~ん。こども式/英語多読・多聴・シャドーイング サイトに行って
質問しようかなぁと思いサイトに行くと

「こども式、おとな式、あわあわ、もごもご、カタカナ英語などの見本(耳本?)をシャドーイングのページに掲載します。もうちょっとお待ちください・・・

こども式ウェブサイトのブログ | 「おとな式」、「こども式」を自分で見分ける(?)
とあるじゃありませんか。

多聴多読マガジン vol.3 ではリスニングにしろ、シャドーイングにしろ、
「聞くだけで内容が大まかにわかるもの」から始めることを提案しています。

上記、こども式のトップページには

「苦しむのはやめにして、英語を楽しむことにしませんか。」

とあります。
私も「多読」は楽しんできたから続けられたのだと思っています。
読む・聴く(聞く)・話す・書くという能力を高めたいわけです。

『ゆっくり喋っているのを聞けないのに、早口の英語が聞けるわけない』
『理解できないような速さの英語で脳をこども化させるのが早道』

どっちなのか、両方なのか?

多くの人が無駄な努力はしたくないと思うでしょうし
私もそう思います。
自分にとっての効果的なリスニングとは?ライティングとは?
何が楽しいのかというのを基準にして、自分で考えるしかないかも。
楽しく聞ける Podcast, Video Podcast で英語を聞く絶対的時間数を増やしてみて様子をみようと思います。
なんか、結論は一般的なものしか出てこなかったです。




スポンサーサイト

2007.03.15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

偶然、英会話エピソードを提供してくれるサイトを見つけました。

English as a Second Language Podcast Scripts

英語を第二外国語として学ぶ人のためのサイトです。

先生は Dr. McQuillan
アメリカと他の国々で第二外国語として英語を教えていて、
大学教授としてもカリフォルニアとアリゾナで教えていたそうです。
ゆっくりしゃべって教えてくれているのですが、
私には理解できないところもあるので正確ではないかも。

ホームページでは
Dr. McQuillan was a university professor of applied linguistics and education for many years, and has taught English as a Second Language at several colleges and universities.
と説明しています。

月~金の毎日、エピソードを提供しています。無料です!
登録も必要ないです。
ホームページではスクリプトを見られますし、
MP3のファイルを落とせます。
1回 15~20分のレッスンです。ホームページに訪問すれば
簡単に始められるようになっています。

リアル・イングリッシュだと言っています。
最初はゆっくりしゃべって教えてくれます。その後に
説明を英語で(当然か)やってくれるので単語の説明がわかりやすいです。
最後に普通の速度でしゃべってくれます。

iTunes を使っても簡単に落とせます。
他にも
TOEFL(R) Podcast, English Through Stories というのが
Podcast になっています。
iTunes のブラウザで確認すると、どちらも購読者が多いプログラムです。
私は English Through StoriesMissing Person
( まだ Episode 2 までだけれど ) が面白いです。ゆっくり速度です。
GR本でいうと、レベル1か2ぐらいの英語かな?
1回が15分で、こちらは週に1回です。

2005.11.08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

● 英英辞書の話 (3)

それで、紙の辞書で使っているのが、

Basic English Dictionary (DICTIONARY)
Longman Basic English Dictionary
2色印刷です。
1,600の基本語で書かれているそうです。
見出し語は7,800語。

この辞書、というか、紙の英英辞書は最近あまり利用しません。ネット辞書で調べる方が多いです。

この辞書を使う一番の理由は、この辞書に対象としている単語が載っているかどうかを調べることです。

載っていれば確認しますが、載っていなければ、Basic な単語・表現ではないと判断。私のレベルでは気にするほどのことのない単語扱いとなります。
( 1個1個、いちいち調べて確認しませんよ )
 

2005.09.26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

● 英英辞書の話 (2)

ケンブリッジオンライン英英辞書 / Cambridge Dictionaries Online が
当分使えないとすると、どうしようか?

常用している Firefox というブラウザには、
ネット英英辞書の検索が出来るようになっています。

私は自分で探してきた無料の
MSN Encarta
http://encarta.msn.com/encnet/features/dictionary/dictionaryhome.aspx

しばらくこれを使わせてもらおうかと思います。
発音(音声)が簡単に聞けるので、
ケンブリッジオンライン英英辞書より高機能です。

いくつか単語を調べてみたら
本文の表示幅が狭くて、ちょっと読みにくいです。
右側が広告のリンクなのですが、無料だし、しょうがないかと…。
Java Script を有効にしていないと使えないとか、
IEで使いやすいように作ってある?とか、
あぁ~。

2005.09.26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。