上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

第2外国語としての英語を学ぶ、外国人向けの本向けのミステリーで、Leveled Reader として
語彙を3段階に分けている Thumbprint Mysteries
各本、裏表紙の上部端に Literacy / ESL / Mystery と印刷されています。

このなかのシリーズ本です。
3冊のミステリー・シリーズです。作者は Alanna Knight
3冊とも1999年発行です。
 

  The Royal Park Murder (Thumbprint Mysteries Series)   The Monster in the Loch (Thumbprint Mysteries)   Dead Beckoning (Thumbprint Mystery Series)

左から、第1作をだいたいレベル4とすると、第2作はレベル5、第3作はレベル6あたりかと。レベル5~6ぐらいを読むつもりになった時に手を出した方がいいシリーズでしょう。

■ 第1作 (pp.96)
The Royal Park Murder (Thumbprint Mysteries Series)

■ 第2作 (pp.139)
The Monster in the Loch (Thumbprint Mysteries Series)

■ 第3作 (pp.158)
Dead Beckoning (Thumbprint Mystery Series)

それぞれをエピソードととらえると、『3つのエピソードのあるペーパーバック』と言えます。
3冊合計で393ページ、約7~8万語はあります。

各冊ごとに完話していますが、3冊読むとスッキリします。
物語の底流に「消えた母親」の問題があるからです。
それが気にならなければ、第1作だけ読むということもありです。
イギリス・エジンバラ、イギリス北部に行ったことがある方は情景が浮かんでくるかも。

内容は殺人事件に巻き込まれる主人公 Annie Kelty (24) の視点で語られる物語です。
主な登場人物は

Annie Kelty (24)  :父親が営む小さな本屋を手伝っている
Hamish kelty (47)  :Annieの父親、イギリス・エジンバラに住む、妻はいない
Calum Crail     :Annieの恋人で、エジンバラの警官
Susie Main      :30代後半の独身で Hamish と一緒になりたいと思っている女性

派手なアクションシーンや場面転換はほとんどありません。地味目ではあるけれど、時間の積み重ねを感じさせ、晴れと曇り・雨の移り変わりの早さ、空気と水の澄んだ土地柄を想像させてくれました。

ちなみに「消えた母親」というのは
... Dad led everyone to believe that my missing mother was dead. But was she? And if so, how had she died, and why wouldn't he talk about it if it was that long ago, ... - 第3作pp.3より -
途中で飽きる可能性も十分ありそうですが、それは読んでみないとわかりません。
 

スポンサーサイト

2008.04.03 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |

Dragon Fire

story by Joy Cowley
illustrated by Philip Webb
ISBN: 0478125496
published: 2000
YL: 4.5
words: 4,300

とっても「お気楽に読める」児童書です。

出版社がニュージーランドなので、手に取るのはなかなか難しいと思います。
Dragon Fire は "Skyrider" というシリーズ本のなかの1冊です。
このskyriderシリーズはおもしろい本がたくさんあり
いままで読んできた本をこのページで何度も紹介しようと思ったのですが、
販売ルートがほとんどないので紹介しませんでした。
でも、この本は紹介しておきたいと思いました。

こういう本が国内で気軽に購入できるようになると(ならないと!)、多読学習の楽しさは広がらない気がします。
レベル4ぐらいの難しさでありながら、4300語という長さ(短いけれどキチンと物語になっている)。
しかも登場人物(生物?)の主人公はドラゴン。

ドラゴンたちの住む森で、禁止令が出て一騒動というお話です。
たとえば『桃太郎の話』と言えば、そこに『鬼』や『きび団子』が出てくるのが定番です。
同じように、『ドラゴンの話』と言えば、そこに『金貨』や『プリンセス』が出てくるのは定番なんでしょう。
とても爽快な物語でした。

残念ながら、ISBN で検索しても、いまのところ、国内大手の販売サイトはひとつもヒットしません。
SEG Bookshop の法人向けのパック販売のなかの1冊に含まれているぐらいだと思います。

こちらが出版社による紹介ページです。表紙の写真もキレイに表示されています。
Dragon Fire

さらに、すべてのシリーズ本をチェックできます。
Skyrider Chapter Books: All Titles

8~12歳ぐらいの子供が自分で読書する、そういう想定でシリーズ化の編集がされています。
展開がわかりやすくて、英語がちょっと難しい本。
そういう本を望んでいる場合には、ちょうどいい感じ。
この本は単調な「おマヌケ話」ではなく、物語もよくできていて、
英語表現も豊かというのがポイントかと。
星5つでしょう!
☆☆☆☆☆
 

2008.03.31 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

久しぶりに、Jacqueline Wilson の本をじっくり読みました。

The Diamond Girls
The Diamond Girls

作:Jacqueline Wilson
絵:Nick Sharratt
2004年

YL:5~6
約55,000語

占い好きの30歳台前半のシングル・マザー Sue は臨月まじかになり、広い家へ引っ越すことにします。
すでに4人の子供がいるので生まれてくる子は5人目になるという設定です。

長女:Martine, 16歳(父親は Dave)
黒髪をブロンドに染めている。Tony Wingate というボーイフレンドがいる。

次女:Jude, 14歳(父親は Dean)
小柄だけどタフで男子にケンカで負けない。四女の Dixie をいつも守っている。

三女:Rochelle, 12歳(父親は Jordan)
ポップアイドルに憧れる。鏡ばかり見ていて自意識過剰ぎみ。ブロンドの美少女。

四女:Dixie, 10歳(父親は Terry)
未熟児で生まれた。父親が買ってくれたカーディガンをいつも着ている。
いつも Blue bell(おもちゃの小鳥)と一緒にいて会話している。

物語のナレーターは、Dixie. 父親の近況を引越し手伝いにきた Bruce 青年に聞くシーンなど、切ないものを感じさせます。父親は妻 Stella と2人の子供、さらに赤ん坊が生まれたという話を聞かされるので…。
現実を誇大表現すると笑ってしまう場合があるように、この物語は深刻な家族の話を軽くみせる工夫があります。

女の子どうしのケンカ、母親とのケンカ、隣に住む Mary と友だちになる話、会いたくても会えない父親、生まれてくる赤ちゃんSundanceの世話、それぞれ微妙な関係を作者のジャクリーン・ウィルソンはていねいに描いています。文体に慣れるせいか、または展開がクリアになるせいか、前半過ぎるころには読みやすくなりました。
母親が子供たちに言う 'All your dads were lovely guys,' という思いが示していますが、人生をひたむきに生きている英国の子供たちへの応援、そんな読後感がわいてきました.

2007.10.21 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

国立美術館会館記念
MONET 大回顧展モネ ―国立新美術館にて開催!―

4/7(土)~7/2(月)まで東京・六本木に新設された都市計画を祝うかのように開催されています。
美術館の設計者は、高齢にもかかわらず、むしろその体験を生かそうとしたのか、オリンピック招致中止・日の丸・君が代の強制を改めるという公約を掲げ、4/8(日)の都知事選挙に立候補するという行動をとった建築家の黒川紀章。「箱物」を作る建築家が形のない政治というフィールドに挑戦するという心意気は単に箱を作るというレベルの創作家ではありたくなかった人として記憶してもいいのではないかと思います。

そして、モネです。
モネは何をかえたのか?

モネはいまの人の心も揺さぶる絵を描いているわけですが
当時の彼が突破した世界観を知り、追体験したくなります。

ネットでも図書館でも情報は入手できるでしょうが
子供向けに書かれた芸術家シリーズ本のなかにモネの本があります。

Monet (Getting to Know the World's Greatest Artists)

Monet (Getting to Know the World's Greatest Artists)
作:Mike Venezia
YL2.5
1,464words
1993年
Childrens Press社




それまでの画家と違ってモネたちは何が違っていたのか?
外の景色を描くことを可能にしたチューブ絵の具の存在があったというのです。
" After the invention of oil paint in tubes, it was easier for artists to carry their supplies around and paint outside. Before that, artists had to mix their own paint in jars with colored powder and oil. It was a messy job. There were some problems with painting outside, though. Sometimes sand and other things stuck to the wet paint."


それまで、美しい女体を描く時は神話の世界だけであったのを打ち破ったマネ。モネたちはさらに室内の想像で描く世界から光を求めてドアを開け、外に踏み出したのだと思います。
Claude Monet lived to be 86 years old. He spent the last ten years of his life painting scenes of his water garden.
 These paintings are among the most beautiful and famous paintings he did.

流れる水の音が聞こえる。そんなモネの作品を堪能したいです。
ルノアールと共に日本人の絶大なる人気作家の展覧会。
しかも「六本木アート・トライアングル」ということで混んでないほうが不思議です。
とりあえずゴールデンウィークをはずして、ゆったり観覧できる時間を作りたいですね。

2007.04.12 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |

日本語での解説本も多いので初めて読んだ気がしないかもしれません。


Flags
Pearson Education: Four Corners Upper Primary A Stage
ISBN: 9780733954788
2004年/32pages

小学生の学習向けの本です。
オーストラリアの出版社なので、アマゾンJP ではまだ扱っていないようです。

世界の国々の旗の由来をやさしい英語で教えてくれます。
たとえば、現在のオランダの旗は「赤ー白ー青」の3色旗ですが、スペインの支配を打ち破っていく過程でシンボルとなったのは、「オレンジー白ー青」でした。その経緯を教えてくれます。



---------------------------------------------------------
…The flag of the Netherlands also tells a story of its history. More than 400 years ago, Spain controlled tne Netherlands. Prince William of Orange, one of the Dutch leaders, raised an army to help drive the Spanish out. After winning their freedom, the people of the Netherlands' flag honours William's place in the country's history. …
---------------------------------------------------------

また、2/6の記事で紹介したThe orange-white-blue "Princevlag"では

---------------------------------------------------------
In 1572 the orange-white-blue flag was first mentioned when the town of Den Briel was liberated. The red-white-blue flag was first mentioned in 1596.
---------------------------------------------------------

と、語られています。


オランダと共にフランスの3色旗が有名ですが、同じ配色を使っているロシアはオランダ・フランスどちらの影響だと思いますか?

これが、オランダの影響なのだそうです。Peter the great って名前を読んだり聞いたりすると、児童書の『Nate the great』 を思い出します(笑)

もちろん、各国のシンボルを特定の背景によって意味づけるという話になると、肯定する人だけとは限りません。オランダも、航海上の理由からオレンジ色が認識しにくくて色を変えた、王子の象徴の色を国の旗の色にすべきでない等、明確な理由は定かではないそうですが、色を変えています。でもサッカーの代表チームはオレンジ色のユニフォームを着用しています。イタリアの代表チームは3色以外の青色のユニフォームですし、色が全てとは言えないという側面も理解しておきたいです。


----
裏表紙の解説より:
Flags is an informational text for children at the Upper Primary A Stage.
Flags can symbolise the beliefs, hopes and dreams of the people who wave them. Find out what the colours and symbols on many flags from around the world mean in Flags.

2007.02.09 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。