上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

COMPUTERWORLD.jp が2月1日に
Amazon、オーディオブック・プロバイダーのAudibleを買収へ
と報道しています。
米国Amazon.comは1月31日、オーディオブック・コンテンツ・プロバイダーの米国Audibleを3億ドルで買収すると発表した。買収完了は2008会計年度第2四半期を予定しているという。

iTune や iPod 以外のソフトで気軽にいじれるようになる日はくるでしょうか?
 
スポンサーサイト

2008.02.02 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

5月13日(日)の日刊スポーツのトップページは
カズ40歳弾、最年長記録更新だ/J1 でした。
上記がリンク切れならこちらでどうぞ (cache)

この件について、記者からコメントを求められたオシム日本代表監督の話が
同じ一面に載っていました(ネット上にはアップされていない)。

三浦知良選手が40歳でゴールを決めたことにたいして
"カズの得点について「良かったですね」と淡々とコメントした。
常々、「ベテランとは第2次大戦中にプレーしていた選手のことだ」と言い切るだけにクールな反応だった"
と担当記者は書いています。

う~ん、違うんだよ記者さん!!
カズ選手ら30歳以上の選手を見放した発言ではなくて
オシムの洒落なんですよ、このコメントは(^^

英語多読をやっている方ならご存知の方も多いと思います。

Veteran - Wikipedia より
A veteran (from Latin vetus, meaning "old") is a person who is experienced in a particular area, and is particularly used in the United States to refer to people in the armed forces. It often refers to retired service personnel.
アメリカ合衆国では毎年11月に veteran's day があり、祝日です。
オシムはこっちの意味で「ベテラン」とは誰かについて
「常々言い切っている」わけです。
クールだとか、そういう話じゃない。
日本人記者に向かって言葉遊びしてるわけよ。

調子の良い選手を選出するオシム監督。
年齢を理由に対象外にはしないでしょう。
14日から、代表候補合宿が始まります。

2007.05.13 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

インターネット決済では世界的に利用されている PayPal ですが
日本語版がありませんでした。

それが、3月末には日本語版が登場したと報道されていました。
さっそく本家のサイトを見てみると、
約1ヶ月たっているのにいまだに日本語ページへのリンクがありません。
#検索すると検索広告で表示はされますが

ちょっと不思議です。
アジアだと中国語ページへのリンクはあるのに。
なので、ニュースを知らないと日本語ページが無いと勘違い
してしまいそうです。

こちらが、PayPal日本語ページです。
https://www.paypal.com/j1/

通常の買い物決済だけでなく、
ポッドキャストのサイトや、パソコンを使い易くする
ソフト提供者、等々
寄付するのも手軽になりますね。




2007.04.28 | News / Site の紹介 | トラックバック(1) | コメント(0) |

2007年ピューリッツァー賞の発表が近づいてきました。

今年は、現地時間 4/16 だそうで、調べてみると
日本時間 4/17 午前4時に発表という予定です。
The Pulitzer Prizes -- What's New
2007 Pulitzer Prizewinners and Nominated Finalists will be announced on Monday, April 16, 2007 at 3:00 p.m. Eastern daylight time. The announcement will be posted online at 3:15 p.m. Finalists are not announced in advance.(02/07/07)
ということで、日本時間 4/17 午前4時15分になれば、誰でも公式サイトで確認できます。

なんで、今年の賞に興味があるかというと
Lost Angels がこの賞に位置づけられるかどうか興味があるからです。
Los Angeles ではありませんょぉ


Lost Angels とは、昨年10月2日に起こったアーミッシュ学校襲撃事件の被害関係者・地域から情報を得て書かれた地元新聞の報道特集記事(3日間)です。
新聞社は Lancaster New Era
Wikipedia (US) によると地方の夕刊紙のようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Lancaster_New_Era

ネット上に Lancaster Online.com: Your Lancaster County News Source というサイトを持ち報道しています。
このサイトで、Lost Angels の記事と音声 Podcast に触れることができます。

Lost Angels
- The untold stories of the Amish Shootings -
This series tells the stories of these children, the heroic
work of police officers who sought to save them and, most
of all, the remarkable faith of the Amish that allowed them to
transform a horrendous act of violence into one of human
compassion and redemption.
The "Lost Angels" series was written by staff writers
Jack Brubaker
Ad Crable
Janet Kelley
Tom Murse
Cindy Stauffer
他に写真記者・編集者

12月に特集した連載記事が The New York Times などの有力記事を押さえて
Taylor Family Award Winners を受賞(4/2 $10,000)した。
Lancaster Newspaper's Stories on Shooting of Amish School Girls Wins Taylor Family Award for Fairness in Newspapers

CAMBRIDGE, Mass. -- A series by the Lancaster New Era about the shooting of 10 Amish girls in a one-room school house in rural Pennsylvania has won the 2007 Taylor Family Award for Fairness in Newspapers.
他にも、Wilbur Award (national journalism award)を受賞 (3/23)。

記者のひとり Janet Kelley さんは、the 2007 Eugene S. Pulliam National Journalism Writing Award も受賞 (3/05 $1,500) しているそうです。過去にこの賞を受賞した3人がピューリッツァー賞を受賞しているとのこと。
"Three former winners of the Pulliam writing competition have later won Pulitzer Prizes."

  *  *  *  *  *

痛ましい事件のあとに集まった寄付は4億円。
事件の場所となった、ワンルーム学校は取り壊され、半年後に新たな学校を新たな場所に完成させ、9日から授業を再開する 2日から授業を再開したというニュースも直近で伝えられました。
For Amish, New Hope is a reality - (4/2) baltimoresun.com
キャッシュ)Baltimore, Maryland
"Six months after 5 girls were killed in Pa. school, community moves on, class starts in new building"
この記事は風景描写から始まって記者の思いが伝わる、いい記事と写真だと思います。

こちら↓はAP電によるCNN記事です。
Amish school shooting survivors back in class - (4/2) CNN.com
-STORY HIGHLIGHTS-
• New school has improved locks, is on private drive
• Gunman killed five girls in old school on October 2
• Old school was razed 10 days after shooting

これらの記事を読むと
入院していた5名のうち4名が復帰、ひとり(6歳)は今も無反応に近い状態 人工呼吸器が取り外されたが、まだコミュニケーションはできない状態が続いているようです。

事件に関係するページも紹介しておきます。

School killer told wife he molested family members - Oct 3, 2006
事件翌日のcnn news より
the five girls killed as
Marian Fisher, 13
Anna Mae Stoltzfus, 12
Mary Liz Miller, 8
Lena Miller, 7
Naomi Rose Ebersole, 7

All had been bound, and were shot in the head at close range.
Mary と Lena は姉妹だそうです。

Amish School Shooting Victims in Lancaster County, PA
こちらでは
死亡した子供達の名前と、学校の取り壊しの話、
犯人の遺族によるアーミッシュへの謝辞が掲載してあります。

元妻と子供たちは地域内の別の所に転居したそうです。
いまだに動機がよくわからないということで
残された家族にとっても、痛ましい事件だと思いますし、
被害者側の家族の心境が突出していると思う事件でもあります。

参考
事件:Amish school shooting (2006.10.9)

更新:2007.4.7

2007.04.05 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

(1)からの続き

ペルー戦後 オシム監督会見 (3/24) を知った The Japan Times の James Mulligan 記者が、この件について 3/29号でコラムを書いています。

引用した英文に対応訳をつけてみたけれど間違いも多々あると思います。文言をすべて訳してはないし、あまりあてにしないで原文を自分なりに理解して下さい。

Osim takes exception to column by James Mulligan (3/29) キャッシュ
"What I wrote was that waiting in the wings were in-form strikers such as Hisato Sato, and it was baffling why the Sanfrecce Hiroshima man was not selected for the preliminary 18-man squad when he deserved to be. I didn't really write about "young" and "old" players -- and the 25-year-old Sato can't really be included in the "young" category."
選出されてしかるべきフォワードの佐藤選手(広島)が最初の18人のなかにいなかったことについて書いたけれど、「若手」とか「ベテラン」とか書いていない。しかも彼は25歳、「若手」には入らないだろう。


『巻選手(千葉)を使え、使うな』とオシム監督が意訳理解して言っていたことについては
"Maki had not scored for his club JEF United Chiba since last September and was goal less for Japan since last May. His poor form meant the legitimate question was raised of whether Osim was delaying the announcement of the rest of his squad in the hope Maki would finally score in the Nabisco Cup the Wednesday before the match -- which would have gone someway to justifying his call-up -- or whether the coach was even considering the short, sharp shock treatment of dropping the player."
巻選手はクラブでは昨年9月から、代表で昨年5月から得点していない。そこで代表メンバー入りを遅らせれば、ペルー戦の前のナビスコ杯で得点が期待できるし、またはちょっと代表から外すショック療法になるはず。


『火種をつくる』記者というオシム・コメントについては
"Maki's form was a big, big problem. He hadn't scored in nearly seven months. Naohiro Takahara was brought back into the team because he was scoring regularly in the German League for Eintracht Frankfurt. By that reasoning, there was a case for dropping Maki because he wasn't scoring. The column suggested that dropping Maki was something Osim may have been considering."
巻選手の状態は大問題だった。彼は7ヶ月間得点していなかった。高原選手が招集されたのはドイツのクラブで安定して得点しているから。だったら、巻選手は落選でいいはず。コラムではオシム監督はそのあたりを考えているのだろうと書いた。


"Anyway, glad to hear Osim reads my column, although it was to his advantage that he didn't get the gist of what I wrote. The Japan coach was vindicated in his decision to stay loyal to Maki as the striker scored with a brilliant header to put Japan 1-0 in front and looked something like the player he was a year ago with a performance that bristled with pace and power."
嬉しいよ、オシム監督が私のコラムを読んでいるということを知ったことは。私の記事への不十分な理解であったとしても。代表監督の巻選手への変わらぬ信頼は彼のブリリアントなヘッディングゴールによって1-0となり、1年前の彼の勇姿を彷彿とさせた。


だいたい、こんな感じ。
なんであえて和訳しようとしたかというと記者の James Mulligan さんも悪意がないということを伝えたいから。
しかし、このコラムでは、小笠原選手の記述について何も触れていない。オシムは巻選手の代表選出について不満があがることは想定内の話だと思っているハズ。
実際得点してこなかったんだし。

オシム監督はケンカを売ったのではなく、James Mulligan さんともっと交流したいっていうシグナルを送ったのだったと思う。
ここが、夕刊フジのO記者K記者とは違うってことか。

話は飛ぶけれど
イングランドでは、ベッカム選手がヨーロッパ選手権予選に代表として復帰するらしい。
しかも、サポーターの声援による復帰話になっている。
ベッカムは絶大な人気があるんだなぁと実感させられるニュースです。
Beckham backs England to qualify BBC SPORT (3/30) より

自分で情報を知り楽しめる
私の場合、まだまだ道のりは遠いけれど
英語多読・英語快読っていうのはスゴいなぁと実感する
サンプル話でした。

2007.03.31 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。