上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

多聴を続けて2ヶ月ほど経過しましたが
ず~と聴いている Podcast がひとつあります。
English Café です。

大元は English as a Second Language Podcast です。
このブログでも2005年11月に紹介しています。

現在まで85のエピソードが登録されている English Café は週1回の配信です。
1回25分ぐらいの番組で、
しゃべる速さは VOA Special English 程度と思われ、
ゆ~くりしています。使用している単語もレベル1~2ぐらい。
誤解しないようにわかりやすく、ていねいに解説してくれてます。

約2ヶ月かけてこのエピソードを全部聴きました。
継続して聴いてこられたのは、内容が面白いからです。

英語学習ポッドキャストはたくさんあると思いますが
この English Café はアメリカの文化や都市の解説、
リスナーからの質問への回答等で
英会話サンプルを聴くわけではありません。

何回かにわけて、聴いてて面白かったエピソードを紹介します。

スポンサーサイト

2007.05.18 | 快聴 | トラックバック(0) | コメント(0) |

面白いエピソードを Podcast で聴いたので紹介します。
今回焦点にするのは5分の短さですので
聴いてみてはいかがでしょうか。
そして、リスニング初心者の私のこの記事の内容が
間違っていたら指摘してもらえるとありがたいです。

Japan Talk #68
5月5日にエントリーされたこの回は 42'24" の長さがありますが
2曲、音楽も流される番組です。

番組は最初に1曲紹介し、続いて
好天だったゴールデン・ウィークが終わって残念な気分が語られたあと、
4'55" ~ 9'10" ぐらいの所で今回取り上げる
"How living in Japan alters your English" について語っています。

言われてみれば納得なのですが、
日本に在住する英語母語発話者は本人も知らないうちに
英語をゆっくりしゃべる人になるというのです。

内容はだいたい
日本に来て最初は "ネイティブ・タン(native tongue)" で普通にしゃべっていても、そのうち日本人が英語をほとんど聞き取れないことに気づき、どんどんゆっくりしゃべるようになる。それが日常化(normal pace)する。ある日、家族(family members)から、「なんで、そんなにゆっくりしゃべるの?」と言われる、と。
さらに続けて、日本で会話される和製英語・外来語について
具体的に言い換えます。
「ティッシュ」「キャッシュ・コーナー」「アイス」
「フライド・ポテト」「ジェット・コースター」や
自身が体験した奇妙な「アメリカン・ドッグ」など。

最後に、日本人の耳はおかしい、自分たちとは違う耳を
持ち合わせているのだと思う具体例の体験として、3~4人の日本人と
英語で会話していて "marathon" が全然聞き取れないことを
あげています。長距離レースで、42km走ると説明したところ
それは「マラソン」と日本人は発音すると。
marathon と言っているのに、なぜ マラソン と受理するのか
外来語の発音の落差にビックリ!っていう話なのです。

 - - -

こういう話を聴けば
日本での生活を円滑にするために英語母語発話者は
kleenex と言わずに「ティッシュ」と言い
a teller machine と言わずに「キャッシュ・コーナー」という
日本語を使うようになるのは自然だと私は思うわけです。

まして
英語が通じる(学んでる)日本人としゃべっていながら
こういう実体験をしていれば、分速180~160語ぐらいの速さで
英語をしゃべっても通じない場合のほうが多く
だんだん VOA Special English に近づく速さでしゃべるようになる。
日本人にわかりやすい舌を持つようになるわけですね。

この番組は1週間に1回、
日本の文化やニュースを世界に向けて紹介しています。
文法や会話学習のポッドキャストではありません。
聴いてて面白いし、ためになるので、
もっともっと理解できるようになりたい番組です。
Japan Talk (Japundit Podcast)



2007.05.14 | 快聴 | トラックバック(1) | コメント(0) |

前回書いたように Audible.com 無料試聴素材を使ってがんがんシャドーイングするというのはどうでしょうか?

私は Roald Dahl が大好きなので、Audible.com のトップページにある
検索欄に Roald Dahl と入れて検索します。
ここ↓の空欄です。

search for audiobooks and more: [   ]

例えば
Dr. Seuss で検索すると、21商品が登録されていますし、
Magic Tree House で検索すると38商品、
Roald Dahl で検索すると、15商品が登録されています。
(4/30現在)

検索結果が表示され、サムネイルの下にあるボタン
"Listen to a sample"
これをクリックすれば、朗読の一部を聞けます。
※ Flash Player が動けば、Linux でもサンプル音源は聴けます。

試聴時間は例えば
Magic Tree House #01: Dinosaurs Before Dark (3'10")
第1章から聞けるょ

Magic Tree House #22: Revolutionary War on Wednesday (5'00")
第2章~3章にかけてだぉ

Magic Tree House #36: Blizzard of the Blue Moon (6'01")
第1章がまるまる聞けるぅ

Curious George Rides a Bike (10'00")
OBW2 の The Death of Karen Silkwood より全然難しぃょぉ~

The Witches / Dahl (10'00")
The BFG / Dahl (10'00")
さすがに速いなぁ~
160wpm 程度の読力がないと楽しめなさそぉ
おとな式→こども式への、もごもご素材としていい?

いま聴いている Staying together (CER4, YL4.5) より
Curious George の方が聴きにくいのが私の今のレベル。
全然気にしてないけど^^

2007.05.01 | 快聴 | トラックバック(0) | コメント(0) |

多聴多読マガジンvol.2 の8~31ページに
人気児童書やGR本の朗読速度表とリストが載っています。

多聴多読マガジン 2007年 01月号

多聴多読マガジン 2007年 01月号

この雑誌
大型書店とかでは今でも平積みで販売しているので入手するのは簡単でしょう。



例えば、
105wpm, YL1.2: Frog and Toad collection
110wpm, YL2.6: The Death of Karen Silkwood (OBW2)
125wpm, YL2.5: Magic Tree House (分速は第1巻のもの)
155wpm, YL3.0: Fantastic Mr. Fox (ロアルド・ダール)
205wpm, YL4.0: The Cat in the Hat (Dr. Sesus)
 ※ wpm: 1分間あたりにしゃべる平均語数

これらの作品のうち、GR本の The Death of Karen Silkwood をのぞく
4作品の朗読(一部)が簡単に聞けるサイトがあります。
というか、朗読素材をネット上で販売しているサイトです。

Audible.com
多聴している方ならすでにご存知でしょうが
試聴時間が長いのでオススメです。

無料(会員登録の必要もない)で試聴できる時間は
上記の作品だと
Frog and Toad コレクション (10'00") 著者朗読
Magic Tree House #1 (3'10") 著者朗読
Fantastic Mr. Fox (1'30") 著者朗読
The Cat in the Hat and Other Dr. Seuss Favorites (8'00")

1商品あたりの試聴時間が一律に決められていないです。
また、第1章から聞かせてくれるとは限りません。

リスニング素材を販売するので
実際の音声を無料で気軽に聞かせる機会を増やし
消費者(学習者)の購買意欲を高めているわけです。
価格設定もCD販売よりかなり安いと評判です。

購入するサンプルとして利用するだけでなく、
シャドーイング素材として利用することもできるでしょう。
ドクター・スース本 "The Cat in the Hat" の 205wpm のシャドーイングを気軽に試してみてはいかがでしょうか。1冊の分速が205語なのであって、速い所もあればゆっくりしゃべっている所もあります。
8分と、ちょうどいい時間では?

なお、各本のタイトルの最後に書かれている言葉の意味
unabridged
"An unabridged book, speech or article is in its original form and has not been made shorter."
テキストをちゃんと全文読んでいるということだったんですね。

この話題、Audible.com で無料シャドーイングに続く

2007.04.30 | 快聴 | トラックバック(0) | コメント(0) |

とても楽しかったので、サンプル朗読のリンクつきで紹介した
マクミランのオススメのGR本(+CD)
Princess Diaries シリーズ(4冊)
SEG Bookshop で4月20日から、新たに取扱いになっています。
# サイトを見ていたらあったので、ちょっとビックリ!

4冊(+朗読CD)で 3,960円。
購入を考えている人にやさしい、超お得な価格設定ではないのかな!
ネットで買うのが苦手なら、新宿に店舗があるので
足を運ぶのもいいかも。

[個人用] SSS推薦多読セットのご案内
このページのなかにある
これを↓クリック(個人で購入予定なら)
●[個人用] SSS推薦英語多読セット・商品のご案内


するとページが移動するので取扱い商品リストのページのなかから
サブカテゴリー 12【音声素材】(85件)をクリックしてページ移動
現在では4ページめが 61件~80件 となっています。そのNo.74
74. [NEW !] Princess Diaries Set (SSS-3PD)
●NMR 3-2冊、NMR 4-2冊
●語彙レベル:2.8-3.6
New Macmillan Readersに収録されているPrincess Diaries4冊のセットです。
#1,#2はElementary Level、#3、#4はPre-Intermediate Levelとなっています。
すべてAudio CD付。
これは4/27現在の取扱い番号であり
今後、商品の件数変動によって番号が変わっているかもしれません。

SEG Bookshop はGR本をはじめ、英語学習用の本を専門に扱っている書店です。
レベル0からの本も充実しています。参考にしてみて下さい。

2007.04.27 | 快聴 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。