上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

12月中旬、世界各地で新作映画 『キングコング』 が上映されます。



独自サイトはこちらです。
http://www.kk-movie.jp/top.html

監督はピーター・ジャクソン / Peter Jackson
映画 『ロード・オブ・ザ・リング』 (2001-03) 三部作の監督・製作・脚本
やっています。予告編で監督が最初に語っています。
キングコングの大ファンだったと。

King Kong同じく、キングコングの大ファンがいます。
Anthony Browne です。
King Kong

確かに彼の作品を見れば、ゴリラ系の動物が出てきます。
そして、キングコングの絵本も書いています。
この絵本、文については Merian C. Cooper / メリアン・C・クーパー になっています。
1933年、大ヒットした映画 『キングコング』 の原作は Edgar Wallace / エドガー・ウォレス だそうです。
監督・製作が Merian C. Cooper / メリアン・C・クーパー。
Anthony Browne はこの映画が本当に大好きだったんでしょうね。
主役の美女の顔がマリリン・モンローにそっくりです。
彼はモンローが大好きなのかと想像させます。
この絵本、物語をよくまとめてあると思います。
よく見るとタイトルは "Anthony Browne's King Kong" です。

キング・コング今回、新作映画の発表とあって、1933年版を初めて観ました。次々に登場する巨大生物。ネッシーか恐竜か!
白黒映画で100分ですが、休むひまなく展開していきます。
未開の島で美しい女優が生け贄にされる。

今見ると特撮のぎこちなさはしかたないですが
今から70年以上前の作品であっても、楽しめました。
500円の廉価版DVDもあるみたいです。
スポンサーサイト

2005.10.25 | Browne, Anthony | トラックバック(0) | コメント(0) |

Anthony Browne のとても楽しい Pop - Up 本です。
Animal Fair: A Spectacular Pop-UpAnimal Fair: A Spectacular Pop-Up (2002年)

簡単に手でめくる仕掛けから、ド~ンと高さ10cmほどになる仕掛け (1個) まであります。
私は、3cmほどの手でめくる小さなゴリラの仕掛け絵が一番好きです。
 
 
 

2005.07.10 | Browne, Anthony | トラックバック(0) | コメント(0) |

●キター! アンソニー・ブラウン♪♪

知らなかった!
今年3月、日本に来ていたなんて。

知らなかった!
今年春、信州で原画展をやっていたなんて!
講演会までやっていたんだぁ~(涙)
あぁ~、残念!

聞きたかった!
Willy は自分自身であることを描いたけれど
hannah (Gorilla の主人公の少女) だって
自分自身なんでしょ?
名前だって、A・N・T・H・O・N・Y のアルファベットから選んだんですよね?おまけに右から読んでも左から読んでも同じだし。

Browne さん、
ガッツ石松(タレント)を見ましたか?
豊臣秀吉を知っていますか?
さるかに合戦のお話だって日本にはありますよ!
大島渚の描いたゴリラ映画は見ましたか?

Oh!
Mr. Browne,
Come again, please!

2005.06.10 | Browne, Anthony | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。