上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

バーニンガムの今回の絵本原画展への自筆の挨拶文に
日本が好きだと書いてありました。
まぁ、お世辞なのかなぁと思っていたら

(1) 1989年
Hey! Get Off Our Train (Dragonfly Books)
Hey! Get Off Our Train  (Dragonfly Books)
"Please let me ride on your train. I live in the frozen North and somebody wants my fur to make a coat out of, and soon there will be none of us left," says the polar bear.


(2) 1999年
Whadayamean
Whadayamean

2冊が日本からの依頼に基づいて作った絵本だったというのです。
"Hey! Get Off Our Train" は読んでいませんが、"Whadayamean" は
読みました。日本をイメージしませんでした。普遍的な視点で描かれていました。

日本と縁がある作家、ジョン・バーニンガム

(1)は汽車をモチーフとし、環境をテーマにするという趣旨で
JR西日本からの依頼、EXPO'90 国際花と緑の博覧会のために
描き下ろされたそうです。
邦題:『いっしょにきしゃにのせてって!』

(2)は1999年開催の南紀熊野体験博のために
環境をテーマとして制作したそうです。
邦題:『地球というすてきな星』

また、さらに古い話として、
80日間世界一周の絵本を描くために
実際に世界一周していて1970年11月に
ホテル・オークラ、都ホテルに泊まったという
領収書(現物)とホテルの封筒がこの原画展で展示されていました。

1936年生まれのバーニンガムですから、
今年72歳ぐらいでしょうか。
また日本に来てくれるといいですね。
 
スポンサーサイト

2008.03.03 | Burningham, John | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。