上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語多読でこの間感じている気分を
とてもうまく表現してくれるブログ記事がありました。

小学生に英語を必修させる必要があるのか? (内田樹の研究室)
http://blog.tatsuru.com/2008/02/17_1252.php
外国語は「私がそのような考え方や感じ方があることを想像だにできなかった人」に出会うための特権的な回路である。それは「私が今住んでいるこの社会の価値観や美意識やイデオロギーや信教」から逃れ出る数少ない道筋の一つである。その意味で外国語をひとつ知っているということは「タイムマシン」や「宇宙船」を所有するのに匹敵する豊かさを意味する。


私はこの領域までには達していないです。
万華鏡ぐらいでしょう。
でも確実に、
今まで知らなかった世界に直接触れることへの違和感・恐怖感は減りました。

最近では英語絵本や児童書だけではなく、パソコン操作の疑問について
パソコンが保持する man page (マニュアル)を読み、
ネット上に公開されている英文情報を参考にできるようになりつつあります。
外国語は「檻から出る」ための装置であって、「檻の中にとどまる」ための装置ではない。

これは本当にそのとおりだと思います。

小学生から英語を学ぶ必要があるのかないのか
よくわからないというのが正直な感覚です。

年を取ってからでも英語を勉強できる環境は作れます。
でも、「大人になってからでは遅い」と言われれば、それまででしょうし。
義務教育に組み込むことによって「子供たちに等しく英語を学ぶ環境を提供する」という
建前の話は受け入れられやすいでしょう。

そもそも何時間、英語に触れる時間を持てば英語理解が深まるのでしょうか?
日本語を母語とする者にとってTOEICで満点を取ることは難関でしょうが、
平均的なアメリカの高校生なら楽に満点とれるレベルというテスト。

アメリカの高校生がどれだけフランス語を学んで理解しているのか?
彼らは「檻から出る」ことを望んでいるのか?
日本の高校生だって、檻の中の地位向上のための手段として
英語を学んでいる者が多いはずです。
比較文化の塊としての外国語。

外国語についていくら語っても、
英文児童書が1ページも読めない現実。
この溝にはまらないようにしないと......
 
スポンサーサイト

2008.02.29 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

COMPUTERWORLD.jp が2月1日に
Amazon、オーディオブック・プロバイダーのAudibleを買収へ
と報道しています。
米国Amazon.comは1月31日、オーディオブック・コンテンツ・プロバイダーの米国Audibleを3億ドルで買収すると発表した。買収完了は2008会計年度第2四半期を予定しているという。

iTune や iPod 以外のソフトで気軽にいじれるようになる日はくるでしょうか?
 

2008.02.02 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

 学校や地域での様々な出来事が描かれる児童書を読んでいるけれど、恐怖を持ちながら親と子供たちが生活しているのかと思うと、困ってしまいます。
 日本の場合だと親による虐待を報道する量のほうが多いとは思いますが...

新聞サイト (現地時: 2008-1-31) で知りました。
マサチューセッツ州ニューベッフォード / New Bedford, MA(ボストンから南に40Kmあたり)での出来事だそうです。

SouthCoastToday.com:
Sex offender accused of molesting 6-year-old in New Bedford library
上記がリンク切れの場合はキャッシュ・ページ

ニュースの内容は
図書館のなかで、6歳の男の子に26歳の Mr. Sauders が暴行(性行為)をしていて職員と母親の追跡通報により逮捕したという報道です。
(まだ有罪が確定したわけではないので "Mr." で呼んでいる?)

気に止まった点が2つあります
◆印以降の英文は原文のまま引用しています
 
男が「レベル3」という再犯可能性の高い危険人物として登録されているという、ゲームみたいな設定

◆ Police said Mr. Saunders moved to the city in the past week or two and registered as a Level 3 sex offender, the most serious designation, given to offenders deemed a high risk to re-offend.
 
 
図書館職員が男と子供の存在に気づき不審感を持ち、気になって写真リストを調べてみたら載っていたと

◆ Following the attack, a librarian became suspicious when she spotted the boy with the man. She told police she went to a database to look up sex offenders and spotted Mr. Saunders’ photograph.
 
 
ちなみにこの時、母親は子供から離れていて(違う所でパソコンを操作中)気づかなかったそうです

◆ Meanwhile, the boy’s mother was in another section of the library working on a computer. She never knew her son was being attacked, police say.

犯罪立件の証拠とか、冷静に判断する必要があると思いますが
過去の犯罪歴の内容から判断して再犯の可能性が高いと認定されていた人物が、その推定どおり、出所後にまた騒ぎを起こした、と。
この人物の事件が例外なのかもしれませんが被害者にとっては例外ではすまされないでしょう。
 そう考えると以前書いた、10人の子供殺害事件でのアーミッシュ(宗教者)の親と地域の対応の特例がさらに浮き上がってきます。
他国とはいえ、児童書の世界ではなかなか描きにくい、おとな社会や地域がかかえる話です。
 

2008.02.01 | USA | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。