上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

第2外国語としての英語を学ぶ、外国人向けの本向けのミステリーで、Leveled Reader として
語彙を3段階に分けている Thumbprint Mysteries
各本、裏表紙の上部端に Literacy / ESL / Mystery と印刷されています。

このなかのシリーズ本です。
3冊のミステリー・シリーズです。作者は Alanna Knight
3冊とも1999年発行です。
 

  The Royal Park Murder (Thumbprint Mysteries Series)   The Monster in the Loch (Thumbprint Mysteries)   Dead Beckoning (Thumbprint Mystery Series)

左から、第1作をだいたいレベル4とすると、第2作はレベル5、第3作はレベル6あたりかと。レベル5~6ぐらいを読むつもりになった時に手を出した方がいいシリーズでしょう。

■ 第1作 (pp.96)
The Royal Park Murder (Thumbprint Mysteries Series)

■ 第2作 (pp.139)
The Monster in the Loch (Thumbprint Mysteries Series)

■ 第3作 (pp.158)
Dead Beckoning (Thumbprint Mystery Series)

それぞれをエピソードととらえると、『3つのエピソードのあるペーパーバック』と言えます。
3冊合計で393ページ、約7~8万語はあります。

各冊ごとに完話していますが、3冊読むとスッキリします。
物語の底流に「消えた母親」の問題があるからです。
それが気にならなければ、第1作だけ読むということもありです。
イギリス・エジンバラ、イギリス北部に行ったことがある方は情景が浮かんでくるかも。

内容は殺人事件に巻き込まれる主人公 Annie Kelty (24) の視点で語られる物語です。
主な登場人物は

Annie Kelty (24)  :父親が営む小さな本屋を手伝っている
Hamish kelty (47)  :Annieの父親、イギリス・エジンバラに住む、妻はいない
Calum Crail     :Annieの恋人で、エジンバラの警官
Susie Main      :30代後半の独身で Hamish と一緒になりたいと思っている女性

派手なアクションシーンや場面転換はほとんどありません。地味目ではあるけれど、時間の積み重ねを感じさせ、晴れと曇り・雨の移り変わりの早さ、空気と水の澄んだ土地柄を想像させてくれました。

ちなみに「消えた母親」というのは
... Dad led everyone to believe that my missing mother was dead. But was she? And if so, how had she died, and why wouldn't he talk about it if it was that long ago, ... - 第3作pp.3より -
途中で飽きる可能性も十分ありそうですが、それは読んでみないとわかりません。
 

スポンサーサイト

2008.04.03 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(2) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。