上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

もちろん児童英語の専門家でも関係者でもないので、知らないことだらけなのですが、またひとつビックリしたことをネットで見つけました。

● グラミー賞 「読み聞かせ部門」 ってことなの?

前回紹介したナレーションですが、Jamie Lee Curtis (JLC) の経歴を確認していたら、このカセットが
なんとグラミー賞にノミネートされていたということを知りました。
IMDb での彼女の紹介文より
Won a 2003 Grammy nomination in the Best Spoken Album for Children category for her recording of the children's books she has written.
というのです。

そこで、調べました。
表記は
Grammy Award for Best Spoken Word Album for Children

グラミー賞の Field 18 ― Children's
Category 73: Best Musical Album For Children
 (For albums consisting of predominantly music or song vs. spoken word.)

Category 74: Best Spoken Word Album For Children
 (For albums consisting of predominantly spoken word vs. music or song.)

ということで、音楽とは別に、メディア化された子供向けのナレーション、
つまりは「読み聞かせ」ってことでいいんでしょうかねぇ…。
実際、紹介した JLC のカセットは絵本を自分の声で録音しているわけですし。

また、歴代のこの部門の受賞者がここで一覧できます。 Wikipedia US より
There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Caldecott Honor Book)

ちなみに JLC の作品はノミネートでしたが、2003年の受賞者は
There Was an Old Lady Who Swallowed a Fly (Live Oak Music Makers (Hardcover))
Simms Taback

この絵本のナレーションをやっている Tom Chapin ですが、Wikipedia を見ると、彼は2005年(今年)も受賞しているようです。

すでに機知の方にとっては常識でしょうが、私は初めて知った絵本業界の話でした。

スポンサーサイト

2005.09.01 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/106-4b2c8077

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。