上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

09/04 久しぶりにSSSのオフ会@横浜、に参加してきました。
参加されたみなさんの多読に対する思い、英語力の成果に感心しきっりぱなしでした。
Tell Me Your Dreams

Tell Me Your Dreams (1998年)
Sidney Sheldon

このPB (ペーパーバック、といっても、画像で紹介しているのは文字サイズの大きいハードカバー版) をつい最近読了しました。

シェルダンは、構成と展開で読ませる作家のような気がしています。
あらすじを紹介すると、面白くないので、ご自分で読みすすめて、ハラハラドキドキされた方がいいでしょう。
いまや、日本でもポピュラーになっている話題を取り上げていますが、発刊当時は衝撃的な内容だっただろうと想像します。
3部構成で、第1部の登場人物の多さに混乱しなければ、私は読みやすいと思いました。(SSS書評では YL: 7.5)

私は多読を始めてから、3年ほど経過しています。
多読をすすめていけば、PBは確実に読める 楽しめるようになると思います。
私の場合、このシェルダン本を100%理解して読めてはいません。
飛ばし(飛び越し)読みです。
でも、十分に「大人向けに書かれた本を、大人の自分として考えながら」堪能しました。

● A mystery is like a jigsaw puzzle
この英文は、先日紹介した児童書 Jigsaw Jones のなかに書かれている文です。
児童書を読んでいても、大人向けのミステリーを読んでいても、英文には変わりありません。児童書でも難しい表現はたくさん出てきますし、シェルダン本の会話文など、レベル3ぐらいのものが本当にたくさん出てきます。
自分が読んで楽しいと思える本を、たくさん読むこと。
英語で書かれたGR本、絵本・児童書をたくさん読むことは、大人向けペーパーバックを読む力を確実に強めると思います。

SSS多読学習方式を実践されている方たちの話を聞いていると、「読んだ本の自慢話」ではなく、「読んだ本の面白さ」を語ってくれるので、聞いていてとても心地よかったです。

Happy reading♪

スポンサーサイト

2005.09.05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/110-0de5fbba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。