上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

これは、私の場合であって、一般化できないかもしれません。
SSS多読学習法ではどうしても短期間ではなく、長期間の「学習」が前提となります。
1ヶ月で100万語読める方もいる一方で、数ヶ月~1年ぐらいかかって100万語を読まれる方もいます。
私の場合は、数ヶ月~10ヶ月前後で100万語を読むペースでした(今はカウントしていないので)。
英語多読完全ブックガイド数100万語読むには1年以上かかるという方が多いでしょう。
1年間、心境も仕事(生活)環境も変化しないということは少ないです。
するとどうしても多読生活が乱れます。

むしろ、そういうほうが自然だと思います。
では、そんな環境変化の状態でも多読を続けれる極意があるのでしょうか?

極意があるかどうかはわかりませんが、とりあえず言えることは
「他人と比較しない」 ということだと思っています。

● 私の例で言えば、ハリポタがそうです。

「みんなが楽しく読んでいるのに、私には読めない…」
多読をやっている方の間ではハリポタ#6が話題の中心です。
で、私は日本語版の#1を、数行読んでそれで終わりのままです (^_^;)
第1巻は手元に置いてあるので、そのうち読みたいとは思いますが…。
LR本でも読めなくて最近あきらめた本が1冊ありました。
(そのうち書きます)

でも、本当に気にしないことです。
英語学習の経歴も違うし、好みだって違います。
例えばこのブログで、USAの南北戦争に至る過程のいろいろな児童書を読んで紹介していますが、そういうものに興味がある方がどれほどいるのかよくわかりません。でも、自分が読んでいて面白いと感じるのです。暗記ではない歴史のダイナミズムが伝わってくるのです。
「児童英語」 というのにも無関係でしたので、グラミー賞読み聞かせ部門?や、さまざまな賞の存在を 「見つける」 ことはとても興味深いことでした。

つい最近もオフ会でいろいろ会話していたら、知らない児童書を薦めていただきました。
それをさっそくネット書店で注文している自分がいます (笑)

他人の読了語数や、進展具合、みんなが薦めている本を読んでも楽しくない…。
どれも関係ないです。自分が読んで楽しいと思える本を見つけること。
周りを気にしていても多読学習は進まないでしょうし、長続きしないだろうと思います。

量によって問題を解決しようというのが多読学習です。
楽しいかどうかは、自分で読んでみなければわかりません。
どんどん原書を手にとって読んでみましょう。
難しかったら、後回しにすればいいのですから。

happy Reading♪
スポンサーサイト

2005.09.08 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(6) |

成雄さんのおっしゃる通りだと思います。
ちなみに私がよめないのはMTHです(^_^;)

興味の対象も人それぞれで、だから面白いし新しく知ることもたくさんあって。
自分も多読を始めたからこそ、ということがたくさんあってそれがさらにエネルギーになっています。
皆さん、そうなのかもしれないですね。楽しい記事にいつも吸い寄せられています!

2005.09.08 01:47 URL | 雫 #7cFgV8.c [ 編集 ]

雫さん、ありがとうございます。

雫さんのブログを読んでいて
私も Dahl の Matilda マチルダを読み始めました (笑)
The Witches, The BFG, Boy, 楽しくを読みましたが Matilda が一番難しくて「後回し」にしていました。

今回、Matilda を読むきっかけをいただき、嬉しく思っています。

では



2005.09.08 07:46 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]

すいません管理者にだけ表示になってしまいました。

2005.09.08 22:14 URL | tribird #u5Xxgupg [ 編集 ]

tribirdさん、こんばんわ。
お久しぶりです。
コメントしていただき、ありがとうございます。

> 酒井先生はセミナーで「くらべるのは昨日の自分」とおっしゃっていました。

> 僕が100万語をめざしていた頃まだこの言葉を知らなくて、どんどん皆が100万語報告をして行くのを見て「当社比」で向上すればいいやと自分で自分を励ましていました(^^

↑最初に投稿していただいたコメント↑

なるほど~。

酒井先生がそうおっしゃっているのですかぁ。
セミナーには参加していないので、
知りませんでした (^_^;)

じゃぁ、一般化できる極意ということですね。

ところで、
私の読んでいる本と、tribirdさんのお薦めの本は以前にも掲示板で話したとおり、似ていますねぇ。
tribirdさんが一番オススメのダレン・シャンを私は#6まで読みましたが、少し休憩中です (笑)
シェルダン本まで、読んでいる本が一緒とは!
うん?
他人と比べてる? (>_<)

Happy Reading♪

2005.09.09 20:33 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]

「他人と比較しない」っていうの、よく分かります~。私は酒井先生も含めて他の人から読むのがはやいって言われるんですけど、逆に多読の効果がなかなか感じられなくて、掲示板で数十万語読んだだけで、英語が分かるようになりました、とか、listeiningにこんなに効果があるなんて驚き、といった投稿を見る度にいいなぁ~、羨ましいなぁ~、ってはじめの頃は思ってました。
でも、スタートラインも、その後辿ってきた道も全く違うのだから比べても仕方がない、とにかく楽しく読めているかどうか、またある本に対する他の人の評価がどうであれ、自分が好きかどうか、がやっぱり大切なんだなぁ、ってことがある程度読み進めていくうちに実感として感じられるようになりました。

だから私も、何で900万語も読んでいてPB未読なの?とか未だに言われるんですけど、絵本とかPBとかGRとかの枠にとらわれることなく、自分の心の赴くままに読んでいる今の状態を維持していけたらな、と思っています♪

2005.09.21 11:52 URL | Ernie #- [ 編集 ]

こんにちは、Ernieさん。

> スタートラインも、その後辿ってきた道も全く違うのだから比べても仕方がない、とにかく楽しく読めているかどうか、またある本に対する他の人の評価がどうであれ、自分が好きかどうか、がやっぱり大切なんだなぁ、ってことがある程度読み進めていくうちに実感として感じられるようになりました。

みなさん日本語を読み・書き、しゃべりますが
国語のテストの点数は同じじゃないですよね。
英語に触れる時間を長くすれば、英語が上達しやすいでしょうから、自分が楽しいと思える本を選び、楽しくなければ無理しない。

英語の点数が上がることと、読書で感動体験を持つことはイコールではないからなぁ。
英語と仲良くするって感じが気楽に多読を長続きできそうな…。

ハリポタと仲良くなりたいぞ~ (笑)

2005.09.22 15:33 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/113-f3f50f91

英語多読完全ブックガイド
英語多読完全ブックガイド古川 昭夫, 神田 みなみ, 小松 和恵, 畑中 貴美, 西澤 一洋書を読む時に参考にしている、本。SSSと、言う方式を使って読む事を勧めています。その方式は、簡単な物から順々に読んでいって、どんどん難しい物を読んでいくと、言う物。その時に原則が

2005.09.27 08:06 | りんごの木の下で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。