上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

後回しにした本の紹介です。
理解度は2~3割ぐらいだと思います。

Batman's Guide to Crime and Detection (Justice League of America Reader S.)

Batman's Guide to Crime and Detection (2003年)

私には難しいLR本でした。
LR本であるがゆえに、何とか読めるのではないかと思いつつ、読めない、でもひとつの話題が200語ぐらいなので、飛ばして読むこともできる。で、最後まで、あきらめつつ 読んだ 見たLR本です。
レベル4以上の単語と内容の難しさです。

各ページ、約3分の1がイラストと写真のレイアウトなので何を伝えようとしているのかは読まなくてもだいたいわかります。
Batman の物語と現実のポリスの取り組みを混ぜながら、
子供たちの興味をそそる展開です。
文量も多くないので、読み切れそうだけど、難しい~。

犯罪の歴史と対応の歴史を、見開き2ページ(または4ページ)で記述。
タイトルは例えば
・ A history of the police
・ fingerprints
・ DNA matching
と、わかりそうな内容ですが…、残念。

各ページの端には Batman にまつわる小ネタや現実の捜査に関わる50語程度のコラムを掲載。
いつか再チャレンジしたい本です。

スポンサーサイト

2005.09.09 | GR・LR 本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/114-afc14d7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。