上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Steig の描くブタに雰囲気がちょっと似ていない?Susan Meddaugh

● ブタ、ブタ、コブタ (17)
2冊とも表紙の色はピンク

Hog-Eye
Hog-Eye
Susan Meddaugh
(1995年) 1,080語

パッと見たら、Steig が書いているのかと思いました。
でも違うんですねぇ~。
比べてみないとわかんないくらいですが、鼻腔が無いのが特徴です。それくらい気付よ自分!
確かウシは、指紋ならぬ鼻紋でもって個体認知していたとか言う話を思い出しました (笑)

鼻頭は赤くなく、色は肌と同じです。
明るく、温かい色調の絵本です。

物語は、バスに乗って学校に行かなければいけない女の子ブタが、なぜ学校を休んだのか、家族に理由を説明するのですが…。
お約束でしょうか。オオカミさんも出てきます。
手書き文字も読んでくださいね。会話になっていますから。かなり面白いいいわけかな?


Five Little Piggies

Five Little Piggies
文: David Martin 絵: Susan Meddaugh
(1998年) 770語

5匹の名前のない "little piggy" というコブタたちのそれぞれのエピソード。
こちらはそれほど Steig を意識させないでしょうか。

男の子ブタか女の子ブタか、衣服がないとちょっとわかりにくかも。
韻を楽しむほのぼの系の絵本。
"♪ Egg and milk and apples.
Megs and milk and mapples
Pegs and pilk and papples ♪"
Susan Meddaugh の絵もほのぼの~♪
 
スポンサーサイト

2005.09.26 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/121-de0db203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。