上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ご存知、Magic Tree House シリーズです。
1冊500円ほどの値段で、ザラ紙のようなペーパーバックで28冊まで続いたシリーズが変わりました。
Merlin Missions という新規シリーズです。
残念ながら、ハードカバーエディションしかなく、1冊約1,500円と3倍の値段になってしまいました。

Christmas in Camelot (Magic Tree House #29) Haunted Castle on Hallow's Eve (Magic Tree House #30) Summer of the Sea Serpent (Magic Tree House #31) Winter of the Ice Wizard (Magic Tree House #32)

#29 Christmas in Camelot (Magic Tree House #29)
#30 Haunted Castle on Hallow's Eve (Magic Tree House #30)
#31 Summer of the Sea Serpent (Magic Tree House #31)
#32 Winter of the Ice Wizard (Magic Tree House #32)

ページ数も増えて、各冊約110ページ超、総語数も約11,000語超と、それまでの約5,000~6,000語からボリュームが大幅にアップ。
ひとつの文章も3行にわたるものが散見されるなど、英語レベルも少しアップしています。
このシリーズ、開始時はJackは8歳半、Annieは7歳でした。それが、Jackは10歳、Annieは9歳に成長しています。

この4冊のシリーズでは、2人の成長がポイントです。
取り上げられている言葉は「なぞなぞ」ではなくなります。
2人は言葉を言葉どおり理解し信じ、勇敢に立ち向かっていきます。
年長のTeddyとKathleenがフォローしてくれますが、常に行動を共にしているわけではありません。

今回のシリーズの展開について、著者のOsborneさんは、エピソードが紡ぎ出てきたのは、Ireland, Wales, Scotland, England, Persia (The Arabian Nights)などの古典的物語を参考に受け継いでいるからだと率直に書いています。
剣はもとより、"Raven"とか、"Frost"とかいう単語が出てくると、確かに「言い伝え」を想像させると思いました。

1冊が1万語を越える長文なのに、あいかわらず、クライマックスが拍子抜けするほどあっさりして記憶に残りにくい、というパターン。
このシリーズは設定を楽しむシリーズだと私には思えます。でも十分楽しいです。
#32 "Winter Ice Wizard" は、特にその設定(しこみ)がよくできていると感心させられました。オススメです。

なお、amazon.com の方だと、第1章などが見れます。こちらを参考にして下さい。
Amazon Online Reader : Christmas in Camelot (#29)
カバー折り返しと最初の8ページを読むことができます。
Amazon Online Reader : Haunted Castle on Hallow's Eve (#30)
カバー折り返しと最初の6ページを読むことができます。

読者の反発を受けたと感じたのかどうかはわかりませんが、
このシリーズに続く
Carnival at Candlelight (#33)
同程度のボリュームですが、約600円のペーパーバック版も販売しています。

スポンサーサイト

2006.10.15 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(4) |

成雄さん、おはようございます。
たむです。

いつもの通り、懇切丁寧な解説、
ありがとうございます。値段は
高いけど、2倍のボリューム。
今度実物を見てみます。

4月に多読倶楽部を始めたんですが、
小学2年生の子が、読むものがなくて
困っているんです。MTH はいいよう
です。

11月3日、成田で酒井先生の講演会を
ひらきます。お時間ありましたら、ぜひ
いらしてください。

2006.10.16 07:35 URL | たむ #- [ 編集 ]

こんにちは、たむさん。

この4冊のシリーズは、神話というか、民話をベースにして作られています。作者が、昔話を参考にしたと書いています。具体的な場面での出来事について、何の話を参考にしたかを少し書いてあります。
例えば、#32で出てくる、船のスピードを調整する時に「ひもの結び目」を使うのですが、それは、アンデルセンの「The Snow Queen」で語られている話を使ったと巻末に書いています。

これらは、欧米の子供たちにとっては、保護者や学校で伝え聞かされている昔話である可能性があります。彼ら子供たちにとっては、昔話が今のタイムトラベラーである Jack and Annie を通じてイキイキとイメージできている可能性があると思います。

>4月に多読倶楽部を始めたんですが、
小学2年生の子が、読むものがなくて
困っているんです。MTH はいいよう
です。

ひぇ~!
小学校2年生で MTHを読んでいるのですか!!

「難しい」のは英語(英文)ではなく、シチュエーションの理解なんだろうと思います。
そういう意味では、「学校もの」なら受け入れられやすいかもしれませんね。
MTHは歴史と地理ですし。

直前に紹介した "Olivia Sharp" は大金持ちの少女探偵の話で、日本人には馴染みが薄いですし、タキシードを着ている少年スパイ "Adam sharp" を楽しむにしても、ジェームスボンドを知っている日本の小学生は稀でしょうし…。

私のイチオシは、"Baby-Sitters Little Sister" シリーズです。(SSS書評に何冊か書いています)子供の心理描写が素晴らしいです。大人の私たちが英語を学ぶ上でも、とても面白い物語だと思うのです。残念ながら増刷されていないようですが。

英文は難しくなります(9-12歳向け)が、
設定がスーパーマン少年ということで、基本設定がわかりやすい
"Maximum Boy" シリーズ(全8冊)は
男の子であれば、はまる可能性もあると思います。
Zack Files シリーズの著者ですが、私には Zack より読みやすかったです。


>11月3日、成田で酒井先生の講演会を
ひらきます。お時間ありましたら、ぜひ
いらしてください。

おさそい、ありがとうございます。
当日は仕事日の可能性が高く、参加できる可能性は低いのですが、
講演会が楽しい会合になるといいですね。
たむさんのお気に入りのダール本とか、お会いできた時には
いろいろ教えていただきたいと思っています。

2006.10.17 05:43 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]

こんにちは。
ずっと更新されてなかったのでどうしたのか
気になっていました。再開されてよかったです。

アーミッシュに関連した映画
「刑事ジョン・ブック 目撃者 」で
そのつつましい生活を見た覚えがあります。

それから狭い社会の中で身近な者
どうしが結婚することによって起こる
問題について取り上げているニュース
を以前見ました。

古くは11PMの放送で初めて
アーミッシュを知りました。

これからもブログの更新楽しみにしています。

2006.11.26 15:39 URL | tribird #u5Xxgupg [ 編集 ]

tribirdさん、こんにちは。お久しぶりです。
返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

英文児童書や英文絵本は今も読みつづけているのですが、ブログで紹介しようと思いつつ、なかなか実行できない日々です。
英語学習と同じでしょうが、継続できるかどうかがポイントなんでしょうかね。

最近も、
Magic Tree House Research Guide
#11 American Revolution
#13 Pilgrims
を読んだので、ブログで紹介しようと思いメモまでは書いたのですが…。

ハリソン・フォード主演の「刑事ジョン・ブック 目撃者 」観ました。

アーミッシュを11PMで取り上げていたとはまったく記憶にないです(笑)
イレブンと言えば、大橋巨泉・藤本義一・愛川欽也、ヌードと映画紹介、マージャンにイレブンダービー、矢追純一くらい…。

tribirdさんのサイトを拝見したら、分速160語ぐらいの読書力がないと児童向けとはいえども、ノーマルスピードの英文は聞き取れないってことでしょうね。アレ~!







2006.12.08 15:44 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/139-74145b9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。