上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

このエントリーは英語学習とは関係ありませんが
とても揺さぶられた映画なので、紹介します。

映画:みえない雲

美しいドイツの田舎風景。
はちきれそうな若さの女子高校生たち。転校してきたがうちとけこめない金持ちの男子。
恋の火が付いた瞬間、避難警報が教室に鳴り響く。
「放射能が来るのよ!」と叫ぶ近所のおばさん。
次々に起こる状況に、何を選択するのか?
「ディ・アフター・トゥモロー」とはまったく違う、愛とパニックの映画。
深刻な問題を素敵な映画にしたと思います。
シネカノン有楽町 (1/27以降の上映は未定) 
他、順次全国公開予定とのこと

●公式サイト
劇場で作品を観た後にサイトで予告編を見たのですが
ポイントとなるシーンがふんだんに使われています。

●OhmyNews:【映画】『みえない雲』の描く、壊れていく明日
ドイツの情報、主演女優の話、この紹介文がとてもいいと思います。
また、監督へのインタビュー記事もあるのですが
「ゲルニカ(ピカソの絵)」が映るシーンの質問とかナイスです。

●IMDB サイト:Die Wolke (The Cloud)
インターネット・ムービー・データベース。

●Amazon.com: Die Wolke (Book, Language: German)
作:Gudrun Pausewang / グードルン・パウゼヴァング
原作と映画では、後半の焦点が違っている。
英語訳の本は出版されていないようです。(他の作品の英語訳版は出版されています)

みえない雲
みえない雲(文庫版 2006.11)
映画の公開にあわせて文庫版が新たに発刊されています。

映画 黒い雨 DVD デジタルニューマスター版
映画:黒い雨 / DVD デジタルニューマスター版

日本語には、「ひばく」と言っても、2つの言葉があります。

「みえない雲」の主演の女の子が被曝して体が変調していく姿をカメラが映すわけですが、そのシーンを観たら、「黒い雨」に主演した田中好子(元キャンディーズ)が被爆して体の変調に気づくシーンがよみがえりました。
スポンサーサイト

2007.01.11 | 映画・展覧会 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/141-1060ffd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。