上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

●オランダ国旗のオレンジ色から赤色への変更

     
オランダ初期の旗                       現在の旗

ここに旗の解説があります。
Q2  「オランダ国旗の由来は何ですか?」 (オランダ大使館 FAQ より)

「はじめは赤色の部分はオレンジ色が使われていました。これを含む3色は、「オランダ王国」誕生の指揮を執ったオランニェ公ウィレム1世に仕える人たちの服の色からきているといわれており、…」

この内容を英語で書いてあるサイトがありました。
The orange-white-blue "Princevlag"

Princevlag とは Princeflag です。
ここで日本語の「赤色」ではわからなかった
英語の "vermilion" という色のことが書いてあります。

日本語のサイトでオランダの旗の赤色をバーミリオンと解説してあるサイトを
検索で見つけることができなかったので、このキーワード情報はとても参考になりました。
ミッフィーの赤色の疑問がどんどん世界を広げてくれます。
英語多読は本当に役立つなぁと思う時です。

"In 1958 the colours were defined more precisely as bright vermilion and cobalt blue."


ちなみに、miffy の初版は1955年。ミッフィーの姿を書き換えた第2版が1963年です。
初版の赤色は「赤色」が濃く、「第2版の赤色」は黄色の割合が増えているように見えます!

歴史的に見ると、オランダの旗は1660年あたりからほとんどオレンジ色が使われず赤色になる。1937年2月に女王が "red, white and blue" と宣言し、1958年にその "red" を "vermilion" としてきたわけです。(青色も "cobalt blue" と)

そこで、「赤色」ではなく「バーミリオン / vermilion」を調べてみます。
同時に、いろいろな赤色やオレンジ色も表示してみます。

WEB色見本 原色大辞典を利用させてもらって色の表示を説明します。
リンクをクリックするとモニタに色が表示されます。

・バーミリオン vermilion
http://www.colordic.org/colorsample/4004.html

・キャロットオレンジ carrot orange
http://www.colordic.org/colorsample/4006.html

●レッド系
tomato #ff6347
orangered  #ff4500
red  #ff0000
vermilion  #ea553a
crimson  #dc143c
 
●オレンジ系
orange  #ffa500
darkorange  #ff8c00
carrot orange  #ed6d35


参考元サイト
オランダ大使館公式サイト
The Netherlands - Index of all pages
WEB色見本 原色大辞典


ミッフィーの赤色・オランダの赤色 (1/3)
ミッフィーの赤色・オランダの赤色 (3/3)


スポンサーサイト

2007.02.06 | miffy | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/162-9ec1e267

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。