上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

●ミッフィーの赤色は生きている?

もう少し、生きた感じの色がないかとgoogleイメージで Vermilion を
検索したら Vermilion Flycatcher という鳥の写真が見つかりました。

さっそく、いくつかのホームページで、この鳥の写真と解説を見てみると
オスが美しい赤色の毛をもち、メスは目立たない毛をしているそうです。
ここで気づいたのは太陽光の関係でオスの毛の色が変化して見えるのです。
ぜひ、自然の美しい赤色を見てください。

Texas p 2
テキサスで撮ったそうです。以前、アルゼンチン北部でも目撃。
でも、北米と南米を行き来する渡り鳥ではないと。

Vermilion Flycatcher - male and female
オスとメスで毛の色が違う。flycatch している瞬間をパシャ!

Vermilion Flycatcher (Pyrocephalus rubinus) Photo
背景のボケ具合と鳥のシャープさが最高。展示数も多いです。

Salton Sea & the Imperial Valley with J & M Fox
サムネイルになっているので、クリックすると美しい毛色がわかります。
ちょっと寒そうないでたちの人々。


オランダの赤色、赤ともオレンジとも言いがたい
ミッフィーの赤色が変化するのは
太陽光によって色が変化する
生きた色の表現として私には伝わってきました。

参考元サイト
MVON New Page 2
Utah Wings, photographs of Utah birds, birding
Birds and Other Nature Images
Southwest Birders - Birding & Nature Photography


ミッフィーの赤色・オランダの赤色 (1/3)
ミッフィーの赤色・オランダの赤色 (2/3)


スポンサーサイト

2007.02.06 | miffy | トラックバック(0) | コメント(4) |

カラープランナーの大川と申します。
ブルーナの赤で検索して、たどり着きました。
色についてのお話、とても興味深いです。
ぜひブックマークさせていただきたく、よろしくお願いします。

2007.02.26 18:17 URL | 大川 #.epTGnBc [ 編集 ]

大川さん、コメントありがとうございます。
ご自由にブックマークしていただいてかまいません。

本人もインタビューに答えていますが、画家のモンドリアンの絵を継承しているのがブルーナだと思っています。

2007.03.01 23:12 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]

さっそく登録させていただきました。
ありがとうございました。

「ミッフィーのたのしいびじゅつかん」で、モンドリアン風の絵が出てくるのは衝撃でした。
モンドリアンの赤は、もっと「赤らしい赤」ですよね。
その違いも面白いと思います。

2007.03.02 01:12 URL | 大川 #- [ 編集 ]

これから、その「ミッフィーのたのしいびじゅつかん」絵本のことをかくつもりです。アンディ・ウォーホルとからめて。


2007.03.02 02:26 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/163-92f53c88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。