上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日本語での解説本も多いので初めて読んだ気がしないかもしれません。


Flags
Pearson Education: Four Corners Upper Primary A Stage
ISBN: 9780733954788
2004年/32pages

小学生の学習向けの本です。
オーストラリアの出版社なので、アマゾンJP ではまだ扱っていないようです。

世界の国々の旗の由来をやさしい英語で教えてくれます。
たとえば、現在のオランダの旗は「赤ー白ー青」の3色旗ですが、スペインの支配を打ち破っていく過程でシンボルとなったのは、「オレンジー白ー青」でした。その経緯を教えてくれます。



---------------------------------------------------------
…The flag of the Netherlands also tells a story of its history. More than 400 years ago, Spain controlled tne Netherlands. Prince William of Orange, one of the Dutch leaders, raised an army to help drive the Spanish out. After winning their freedom, the people of the Netherlands' flag honours William's place in the country's history. …
---------------------------------------------------------

また、2/6の記事で紹介したThe orange-white-blue "Princevlag"では

---------------------------------------------------------
In 1572 the orange-white-blue flag was first mentioned when the town of Den Briel was liberated. The red-white-blue flag was first mentioned in 1596.
---------------------------------------------------------

と、語られています。


オランダと共にフランスの3色旗が有名ですが、同じ配色を使っているロシアはオランダ・フランスどちらの影響だと思いますか?

これが、オランダの影響なのだそうです。Peter the great って名前を読んだり聞いたりすると、児童書の『Nate the great』 を思い出します(笑)

もちろん、各国のシンボルを特定の背景によって意味づけるという話になると、肯定する人だけとは限りません。オランダも、航海上の理由からオレンジ色が認識しにくくて色を変えた、王子の象徴の色を国の旗の色にすべきでない等、明確な理由は定かではないそうですが、色を変えています。でもサッカーの代表チームはオレンジ色のユニフォームを着用しています。イタリアの代表チームは3色以外の青色のユニフォームですし、色が全てとは言えないという側面も理解しておきたいです。


----
裏表紙の解説より:
Flags is an informational text for children at the Upper Primary A Stage.
Flags can symbolise the beliefs, hopes and dreams of the people who wave them. Find out what the colours and symbols on many flags from around the world mean in Flags.

スポンサーサイト

2007.02.09 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/165-2e14ce69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。