上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

自分が実際にリスニングしたのは、まだ2冊だけなのですが
情報として、わかりやすいと思うのでシリーズ4冊まとめて紹介します。

CER: Cambridge English Readers
YL : 読みやすさレベル
*CD: CDの枚数


CER1 (YL1.4) 4,200語 1CD
Inspector Logan: Level 1 Beginner/elementary (Cambridge English Readers)
CER2 (YL2.6) 9,658語 1CD
Logan's Choice: Level 2 Elementary/lower Intermediate (Cambridge English Readers)

CER3 (YL3.6) 14,473語 2CDs
A Puzzle for Logan: Level 3 Lower Intermediate (Cambridge English Readers)
CER4 (YL4.5) 18,800語 3CDs
The University Murders: Level 4 Intermediate (Cambridge English Readers)


リスニングしたのは、CER1, CER3 です。
CERシリーズはGR本とはいえ、書き下ろしオリジナルなので
展開に無理がありません。文も自然な感じで自費購入しても失敗が少ないと思います。

CER1: Inspector Logan は「最後まで着いていけました」が
もうひつとの CER3: A Puzzle for Logan は途中で投げました!
登場人物が多い(11人)
しかも同一人物であっても会話の所では first name で呼んだり
地の文の所では last name で説明したりするので誰の話題なのか
さっぱりわからなくなったからです。
もちろん、それは自然な言い回しだと思いますが
1~2回聞いただけでフルネームを引き出せるほどの整理力ができていない。

GR本を読むときと同じで、登場人物が増えるだけで物語が難しく感じるという
体験を思い出しました。

参考までに
Cambridge University Press の該当ページ↓をリンクしておきます。
あらすじ(英語)が読めます。

CDの表示時間は Total running time です。
CER1 を実測したら、約36'40" でした。約115wpmの速さ (4,200wordsで計算)です。
3/15 に紹介した『多聴多読マガジン vol.3』の付属CDに CER1: Inspector Logan の第1・2章が入っているので、自分で感覚を知るのにいいと思います。


● Inspector Logan
CD1: 41'00" (実測 36'40") 分速115語(4,200語で計算)
※多聴多読マガジン vol.3 では約90語と紹介してます

● Logan's Choice
CD1:
CD2:

● A Puzzle for Logan
CD1: 57'02"
CD2: 52'52"

● The University Murders
CD1:
CD2:
CD3:

できれば、あと2冊もリスニングしたいと思っています。

更新
2007.4.12




スポンサーサイト

2007.04.07 | 快聴 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/192-dff0d242

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。