上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今月号(3日発売)の絵本情報月刊誌:MOE の特集はミッフィーの作者
ディック・ブルーナ / Dick Bruna の特集です。
雑誌のWebページに行くと特集担当者の感想が読めるのですがそのなかで「オランダ、ユトレヒトに暮らすディック・ブルーナさんに、6年ぶりにお会いしました。」とあります。担当者の思いがそのまま紙面に表現された特集記事だと思います。

   

メインの質問は「ブルーナ自身がはじめて出会った絵本とは?」ということです。
12~13歳の時に読んだ記憶があるというブルーナが初めて読んだ絵本は何だと思いますか?雑誌のインタビュー記事をぜひ読んでみて下さい。

児童向け絵本作品だけでなく、デザイナーとして描いていた本の表紙絵なども多く掲載してあります。小さなサイズですが、これらの写真を見てブルーナのセンスを感じることができます。最新作のミッフィー本は「いじめ問題」を描いていて(日本語版未刊)、その経緯をブルーナに語ってもらっています。

もうひとつの柱は、2006年2月にオープンした「ディック・ブルーナ・ハウス」の紹介です。
館内には日本語ガイドがいるし、Webページは日本語で読めますよ!
"20名までの団体向けに45分間のガイドツアーをご用意しています。
料金は60ユーロ(入館料別)。
ガイドツアーを利用しない場合でも、団体でお越しのお客様は、2週間前までにご予約をお願いします。"


取材で現地に行っているだけに
隣接するセントラル・ミュージアムや、デ・スタイル派の建築家リートフェルトの代表作といわれるシュローダー邸を紹介し、さらに街のなかにあるミッフィー・モニュメントも取り上げてます。


●展覧会のスケジュールが載ってました
こういう情報がとても嬉しいです。

 『美術館に行こう!』
- ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方展 -

・ 3/17~7/17  ビュフェ美術館(静岡)
・ 8/3~9/17  佐倉市立美術館(千葉)
・ 10/5~11/25 長崎美術館(長崎)



絵本情報誌:MOE

こちらは2年前に発行したミッフィー誕生50周年記念特集(2005年6月号 )です。
作品とブルーナの写真がふんだんに使われています。インタビュー記事はありませんが、ブルーナへの6つの質問とその答え(英文も掲載)を中心にして、ブルーナを紹介しています。


スポンサーサイト

2007.04.14 | miffy | トラックバック(0) | コメント(4) |

成雄さん、情報ありがとうございます!
MOE、チェックしてみようと思います。
展覧会も楽しみです♪絶対に行きます。

2007.04.16 09:46 URL | 大川 #- [ 編集 ]

こんばんは、大川さん。
この絵本情報雑誌、何度かミッフィーを特集で取り上げています。オランダ絵本作家展で販売していたので知りました。

私も「ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方展」を絶対に観に行こうと思っています。現代美術関係を知りたいので、できれば東京都現代美術館でこの展覧会を開催し、ロイ・リキテンスタインの絵(6億円で購入)を見せて欲しいです。

2007.04.18 20:25 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]

はじめまして、
MOE で検索をかけてて、ここを、
見つけました。
絵本の世界の奥深さ?
と言うか、面白さのような物に・・・、
最近、気付きつつある状態です。
本当、楽しそうですねぇ・・・。

2007.04.19 23:01 URL | 松本。 #- [ 編集 ]

松本。さん、はじめまして。
返事が遅れてすみませんでした。

私の場合ですが
ミッフィーは以前から知っていましたが
面白いとはちっとも思いませんでした。

でも、ブルーナが理論的にこの絵を描いているということを私なりに理解した時、この絵本の見方が変わりました。
水平に1本の線を描くことによって3次元の世界を表現するとか、輪郭を描くだけで雪ダルマを立体視させてしまうとか、スゴイなぁと。

これが、DVD版のミッフィーを観ると、
輪郭を描くということが無くなるので、使う色を増やし、影を強調したり、とかになっています。そういう所に気づくのが面白いです。

2007.04.21 08:42 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/199-079053df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。