上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

第91回ピューリッツァー賞が発表されました。
The Pulitzer Prizes
このブログで取りあげた Lost Angels は最終選考に届かなかったですね。

ピュリツァー賞、WSJ紙が2部門で受賞 CNN.co.jp
2007.04.17 Web posted at:20:10 JST
"ニューヨーク(AP) 米国の優れた報道に贈られるピュリツァー賞の今年の受賞者が16日発表され、ウォール・ストリート・ジャーナル紙が公益報道と国際報道の2部門で栄冠を獲得した。

ピュリツァー賞は1917年、新聞王ジョセフ・ピュリツァー氏の遺志を受けて創設された。米コロンビア大が毎年、計14の報道部門で優れた業績を残したジャーナリストを発表している。"

今回、ちょっと調べてみたところ
ピューリッツァー賞の選考は非公開のようなのですが、
報道関係14部門のうち、11部門の最終選考対象者(記事)が
Editor & Publisher サイトに1ヶ月前にリークされていました。

そのページは
UPDATED: List of Leaked Pulitzer Finalists Expanded! (3/14)

さらに受賞者決定日の1週間前にも、
Pulitzers Just One Week Away: Here Is Latest 'Finalist' List (4/09)

これを公式発表後にチェックしてみるとハズレ無し!
INVESTIGATIVE REPORTING 部門(調査報道部門)の受賞記事は、
Public Service 部門(公益報道部門)の最終選考グループから
移動して受賞したという違いがあっただけでした。

Pulitzer Judging Starts -- So Step Inside the Jury Room (3/04)
この記事にピューリッツァー賞の選考委員へのインタビューが載っています。
そのひとり、Pam Fine さんは "To be put in a room for three days and asked to read the best journalism in the country. You feel like you are part of the process." 最優秀な記事を探すために3日間缶詰になって、読みまくり議論するのだそうです。
また、この記事のなかの説明によれば
"Although the winners are not chosen until the 18-member Pulitzer Board meets next month, the 14 juries arguably have as much impact on the process since they have to whittle down entries in each category to the three finalists. In some cases, that means sifting through more than 100 submissions to get the magic trio. "

" Jurors must formally sign off on the finalists and, of course, sign the pledge not to leak the finalists, which invariably happens. Although none of those who spoke with E&P would admit to having leaked finalist lists, they are not surprised that it occurs."

各部門別に選出された選考委員によって、時には100以上もあるノミネート記事から3つの記事にしぼられると、The Pulitzer Prize Board / ピューリッツァー賞理事会(評議会か?)の18人によって、受賞者(記事)が選出されるそうです。

最終選考委員は選考結果をリークしないことになっていますが、自然な営みとして、喜ばしい情報が出てくるんだそうです。ということで、3月の時点で Lost Angels の受賞の可能性は消えていたのでした。
ちなみに、LOCAL REPORTING 部門(地域報道部門)を受賞したのは
Debbie Cenziper of The Miami Herald
House of Lies
マイアミ・ヘラルド紙の Debbie Cenziper 記者が1年間に渡って追いつづけた住宅公社の不正問題です。






スポンサーサイト

2007.04.18 | USA | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/200-07d04a2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。