上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

この本はそもそも書き込み日記本のエッセー部分だったということで、
各月の時節を導きながらダールの思いが描かれているわけです。

Roald Dahl / ロアルド・ダールはこの本の書き出しをどう書いたか?

 WHEN I was a little boy, I had a tiny boat made of tin (there was no plastic in those days) which had a very small clockwork motor inside it, and I used to play with it while I was having my bath. One day the tiny boat developed a leak in its hull and it filled with water and sank. For many weeks after that, I would lie in my bath worrying about whether my own skin would develop a leak in it just as the little boat's hull had done, and I felt certain my body would fill with water and I would sink or die. But it never happened and I marvelled at the watertightness of the skin that covered my body.
 Whether you are playing with a little boat or not, a hot bath is the best place for all of us in the miserable month of January. … …
お風呂に入るのは寒い月だけではないはずです。
一年をとおしてお風呂には入っていると思う。(夏なら海かプール?)
寒いから、湯冷めしないように長めに湯舟に浸り遊具で遊んでいるダール。

ゼンマイ式のブリキの小さなおもちゃのボートが水没するように
自分の身体の一部から水が(お湯が)浸入して
自分も水没してしまうのではないかという感覚。
彼が最初に持ってきた話題は「おぼろげな死」というイメージでした。


水難事故は夏の方が多い。
溺れてしまったり、足が地につかない時の恐怖感など
死という意識を持ちやすのは夏の方が可能性は高いと思う。

なぜ、一番最初の書き出しの1月に「死」を取り上げたのか?

それは、初めて死を意識した時にこそ
自分という存在、自我の萌芽、自己形成の開始、
おぼろげながら肉体の輪郭をつかむ瞬間に
「いま自分は生きている」という実感をもつからではないのか。
生きている喜び、植物も動物も、そして自分も。

ダールが最後に書きあげた本作品、
そしてもう1つ、最後の児童書となった The Minpins の書き出しが
少年の自我について書いているのは偶然ではないと思うわけです。

とても瑞々(みずみず)しい少年の感覚。
この文章を初めて読んだ時
いい年をした私は
心がキュ~となってしまったわけです^^

そしてこの翻訳本があり
そのタイトルが『一年中ワクワクしてた
であったということを後日知った時
自分には思いもつかない、とても素敵なタイトルだと思いました。

スポンサーサイト

2007.05.07 | Dahl, Roald | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/208-a4eccf2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。