上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

久しぶりに、Jacqueline Wilson の本をじっくり読みました。

The Diamond Girls
The Diamond Girls

作:Jacqueline Wilson
絵:Nick Sharratt
2004年

YL:5~6
約55,000語

占い好きの30歳台前半のシングル・マザー Sue は臨月まじかになり、広い家へ引っ越すことにします。
すでに4人の子供がいるので生まれてくる子は5人目になるという設定です。

長女:Martine, 16歳(父親は Dave)
黒髪をブロンドに染めている。Tony Wingate というボーイフレンドがいる。

次女:Jude, 14歳(父親は Dean)
小柄だけどタフで男子にケンカで負けない。四女の Dixie をいつも守っている。

三女:Rochelle, 12歳(父親は Jordan)
ポップアイドルに憧れる。鏡ばかり見ていて自意識過剰ぎみ。ブロンドの美少女。

四女:Dixie, 10歳(父親は Terry)
未熟児で生まれた。父親が買ってくれたカーディガンをいつも着ている。
いつも Blue bell(おもちゃの小鳥)と一緒にいて会話している。

物語のナレーターは、Dixie. 父親の近況を引越し手伝いにきた Bruce 青年に聞くシーンなど、切ないものを感じさせます。父親は妻 Stella と2人の子供、さらに赤ん坊が生まれたという話を聞かされるので…。
現実を誇大表現すると笑ってしまう場合があるように、この物語は深刻な家族の話を軽くみせる工夫があります。

女の子どうしのケンカ、母親とのケンカ、隣に住む Mary と友だちになる話、会いたくても会えない父親、生まれてくる赤ちゃんSundanceの世話、それぞれ微妙な関係を作者のジャクリーン・ウィルソンはていねいに描いています。文体に慣れるせいか、または展開がクリアになるせいか、前半過ぎるころには読みやすくなりました。
母親が子供たちに言う 'All your dads were lovely guys,' という思いが示していますが、人生をひたむきに生きている英国の子供たちへの応援、そんな読後感がわいてきました.

スポンサーサイト

2007.10.21 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/217-003b28fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。