上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 学校や地域での様々な出来事が描かれる児童書を読んでいるけれど、恐怖を持ちながら親と子供たちが生活しているのかと思うと、困ってしまいます。
 日本の場合だと親による虐待を報道する量のほうが多いとは思いますが...

新聞サイト (現地時: 2008-1-31) で知りました。
マサチューセッツ州ニューベッフォード / New Bedford, MA(ボストンから南に40Kmあたり)での出来事だそうです。

SouthCoastToday.com:
Sex offender accused of molesting 6-year-old in New Bedford library
上記がリンク切れの場合はキャッシュ・ページ

ニュースの内容は
図書館のなかで、6歳の男の子に26歳の Mr. Sauders が暴行(性行為)をしていて職員と母親の追跡通報により逮捕したという報道です。
(まだ有罪が確定したわけではないので "Mr." で呼んでいる?)

気に止まった点が2つあります
◆印以降の英文は原文のまま引用しています
 
男が「レベル3」という再犯可能性の高い危険人物として登録されているという、ゲームみたいな設定

◆ Police said Mr. Saunders moved to the city in the past week or two and registered as a Level 3 sex offender, the most serious designation, given to offenders deemed a high risk to re-offend.
 
 
図書館職員が男と子供の存在に気づき不審感を持ち、気になって写真リストを調べてみたら載っていたと

◆ Following the attack, a librarian became suspicious when she spotted the boy with the man. She told police she went to a database to look up sex offenders and spotted Mr. Saunders’ photograph.
 
 
ちなみにこの時、母親は子供から離れていて(違う所でパソコンを操作中)気づかなかったそうです

◆ Meanwhile, the boy’s mother was in another section of the library working on a computer. She never knew her son was being attacked, police say.

犯罪立件の証拠とか、冷静に判断する必要があると思いますが
過去の犯罪歴の内容から判断して再犯の可能性が高いと認定されていた人物が、その推定どおり、出所後にまた騒ぎを起こした、と。
この人物の事件が例外なのかもしれませんが被害者にとっては例外ではすまされないでしょう。
 そう考えると以前書いた、10人の子供殺害事件でのアーミッシュ(宗教者)の親と地域の対応の特例がさらに浮き上がってきます。
他国とはいえ、児童書の世界ではなかなか描きにくい、おとな社会や地域がかかえる話です。
 
スポンサーサイト

2008.02.01 | USA | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/218-e0f01758

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。