上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語多読でこの間感じている気分を
とてもうまく表現してくれるブログ記事がありました。

小学生に英語を必修させる必要があるのか? (内田樹の研究室)
http://blog.tatsuru.com/2008/02/17_1252.php
外国語は「私がそのような考え方や感じ方があることを想像だにできなかった人」に出会うための特権的な回路である。それは「私が今住んでいるこの社会の価値観や美意識やイデオロギーや信教」から逃れ出る数少ない道筋の一つである。その意味で外国語をひとつ知っているということは「タイムマシン」や「宇宙船」を所有するのに匹敵する豊かさを意味する。


私はこの領域までには達していないです。
万華鏡ぐらいでしょう。
でも確実に、
今まで知らなかった世界に直接触れることへの違和感・恐怖感は減りました。

最近では英語絵本や児童書だけではなく、パソコン操作の疑問について
パソコンが保持する man page (マニュアル)を読み、
ネット上に公開されている英文情報を参考にできるようになりつつあります。
外国語は「檻から出る」ための装置であって、「檻の中にとどまる」ための装置ではない。

これは本当にそのとおりだと思います。

小学生から英語を学ぶ必要があるのかないのか
よくわからないというのが正直な感覚です。

年を取ってからでも英語を勉強できる環境は作れます。
でも、「大人になってからでは遅い」と言われれば、それまででしょうし。
義務教育に組み込むことによって「子供たちに等しく英語を学ぶ環境を提供する」という
建前の話は受け入れられやすいでしょう。

そもそも何時間、英語に触れる時間を持てば英語理解が深まるのでしょうか?
日本語を母語とする者にとってTOEICで満点を取ることは難関でしょうが、
平均的なアメリカの高校生なら楽に満点とれるレベルというテスト。

アメリカの高校生がどれだけフランス語を学んで理解しているのか?
彼らは「檻から出る」ことを望んでいるのか?
日本の高校生だって、檻の中の地位向上のための手段として
英語を学んでいる者が多いはずです。
比較文化の塊としての外国語。

外国語についていくら語っても、
英文児童書が1ページも読めない現実。
この溝にはまらないようにしないと......
 
スポンサーサイト

2008.02.29 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/220-b258486a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。