上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ー ベルリンの至宝展、凄すぎ!(1)より続く ー
石版に刻まれたヒエログリフを見たのは初めてだと思う。
hieroglyphs (HY-ur-oh-glifs), meaning "sacred carvings" in Greek. とのこと。
会場はかなり混んでいたが身動きできないほどではなく、じっくり見れた。

●オシリス (Osiris) 神とミイラ
神話では、オシリスは弟セトに殺され、身体をバラバラにして刻まれて捨てられたが、妻イシスがそれを集めて縫い合わせたのでミイラとして復活し、冥界の王になった、と。(この展覧会での解説)
誰もが死後はこの神になることを願っていた。そう、Tutankahamen も!
この願いは、いまを生きる私たちに届いている。

Tut's Mummy Lost -- And Found  Tut's Mummy Lost -- And Found (A Step 4 Book) ISBN:0394891899
 King Tutankhamen (too-tonk-AH-men) を発掘した Howard Carter の物語。LR本。約1500語。イラスト・写真も多く、読んでいて飽きない。

スポンサーサイト

2005.06.25 | GR・LR 本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/24-2d8f4241

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。