上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

● 簡単に知るキーツの経歴と主要作品一覧
Barnes & Noble.com (ネット書店)
画面の右側の作品リストがポイント。
ピーターシリーズはブルックリンが舞台だと言われていますね。

Keatsがモチーフにした黒人少年
Peterシリーズを読むとわかるけれど、この少年のシルエットが
実際の絵本のなかで使われています。首のまげぐあいなど、生き生きしてます。

ちなみに、このデータを所有しているのは、The University of Southern Mississippi
この大学は、keats作品の収集で有名とのこと。

Keatsは、ブルックリンのキーツなんだと思う。

Keatsは、ブルックリンで生まれ、ニューヨーク市で亡くなっている (1916-1983)。

New York City is made up of five separated parts called boroughs
Manhattan, Brooklyn, the Bronx, Queens, and Staten Island.
(Rookie read about シリーズを元に少し加工)

●NY市ブルックリンにある、Prospect Park
この公園にKeatsに関係するstatuesがあります。
中段あたりに、こういう文章が書いてあるんです。
statues of Brooklyn-born author Ezra Jack Keats' characters Peter, his dog Willie and Peter's chair.
and the Keats characters were sculpted by Brooklyn artist Otto Neals.
1997年に建立されたピーターとウィリーとイス。制作者までブルックリン在住者なんです。
残念ながら写真は載っていません。
キーツ公式サイトに行けば画像があります。

Ezra Jack Keats Award / キーツ賞
いまでは、毎年選出されています。ニューヨーク公共図書館 (The New York Public Library)と共催しています。
ニューヨーク公共図書館のこのページ、中下段にキーツ賞受賞者(最新7年間)が載っています
評者に2003年から私の大好きな Paul O. Zelinsky が入っているので信頼してしまいます (笑)
スポンサーサイト

2005.06.06 | Keats, Ezra Jack | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/3-7ba56d46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。