上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

私は Roald Dahl / ロアルド・ダール の児童書が大好きです。
Paperback Reading 洋書を読む、よ? の記事で知ったのですが、ダールの博物館 The Roald Dahl Museum and Story Centreが開館するそうです。

Dahl の児童書は全世界で子供たちを楽しませています。大人たちまで魅了しています。

Dahl が児童向けに本を書き始めたのは James and the Giant Peach (1961年) が最初です。それ以来たくさんの魅力的な世界を提供してきました。

The Vicar of Nibbleswicke一方で、汚い、グロテスクな側面が見えるから Dahl を好きになれないという方もいらっしゃいます。その残酷性、徹底的な批判精神を 『笑い倒す』 という次元に高めた傑作児童書があります。 Dahl が嫌いな方はもっと嫌いになるでしょう (笑)
見事なまでに Dahl の核心を表現した本。それが The Vicar of Nibbleswicke だと思っています。

(2)


 
スポンサーサイト

2005.06.29 | Dahl, Roald | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/33-b5415e3e

The Roald Dahl Museum and Story Centre
6 月 11 日、ロアルド・ダールの博物館が英ロンドンでオープンしたそうです。チケットは予約がおすすめ。予約の際、運がよければ Golden Ticket が当たります!!http://www.roalddahlmuseum.org/default.aspx

2005.06.29 23:27 | Paperback Reading 洋書を読む、よ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。