上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

3匹のコブタの話ではないけれど、素敵な絵本なので、早めに紹介。
というよりも、この本は先日、Rさんが紹介された絵本で、読んでみてとっても気に入っている絵本です。また、英語の絵本紹介 (7月5日) でも紹介されています。(これについては、最後にアトムさんに感謝も込めて補足説明します)

● 夢見るコブタ Olivia

OliviaOlivia (Caldecott Honor Book)
Ian Falconer (2000年)

透き通るような、白さを感じさせる絵本です。
美白系というのでしょうか (笑)
鼻が赤くないブタです。
でも赤い色が大好き。真っ赤な服やビキニが大好きみたい。
夢多きコブタ Olivia なのです。☆☆☆☆☆

私は、この絵本の色彩感覚が大好きですが、それを倍加させて気に入ったのは、この絵本のなかで取り上げられている2枚の絵画のうちの1枚。Jackson Pollock の代表作 Autumn Rhythm (1950年) が載っているからです。本の中では読者に笑いを誘う役割に絵が使われていて、多くの方が共感するようなエピソードになっています。でも、作者の Ian Falconer はポロックが好きなのではないかと思います。なぜなら、私がポロックの絵も この絵本も好きだからです (笑)

● Jackson Pollock

ポロックのこの絵 ( "Jackson Pollock" "Autumn Rhythm" で、Google USA とかで検索してみてください ) をジーと見ていると気づくことがありました。

それは、絵画で時間を表現した絵だと思うのです。
ポロックは自らの画法を「アクションペインティング」と呼んだそうです。この絵を見ていると、制作の進行時間を意識させるし、作品が発するリズム感によって作品を楽しんでいる私の時間を閉じこめていることに気づかせてくれます。

この絵本のことを書こうと思っていたら、すでに英語の絵本紹介で、紹介されていました。
さらに、私は、SSSの掲示板で、 Olivia が取り上げられている「絵本報告32」( No.731 の投稿 2005/3/30 )にレスを付けていたのです。その時は Olivia のことなどまったく知らなかったので、反応していませんでした。いまブタの絵本を読んでいる私は、これからこの投稿をもう一度チェックして、新たな絵本を探そうと思います。

スポンサーサイト

2005.07.06 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) |

成雄さーん、TBありがとうございます!
成雄さんの記事はいつも深くてすごい。

この絵本は白が本当に印象的ですよね。
無駄がなくてそれでいて赤がいいアクセントになっていて、素敵です。

Jackson Pollock さんの絵画がイマイチ印象にないので、もう一度見に行ってきまーす。

2005.07.06 23:12 URL | アトム #mQop/nM. [ 編集 ]

アトムさんの絵本報告32をいま見たら、ここで取り上げている絵本がありました。

ブログで画像が紹介されていれば、かなりの確立で表紙が記憶に残ります。

ポロックの絵もメトロポリタン美術館の該当ページをリンクしたかったのですが、直リンクしていいのかよくわからないので、やめときました。

ポロックのこの絵はとても大きいので、実物を見たらもっといろんなことが浮かび上がってくるかもしれませんね。

ちなみに Olivia で出てくるもう1枚の絵はドガですね。





2005.07.07 00:43 URL | 成雄 #LkZag.iM [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/42-7c55b236

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。