上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブタの話ばかり書いているので、
気分を変えて冬の絵本です。

● 心をえぐる灰色を突きつけられます。
Snow (Caldecott Honor Book)
Snow (Caldecott Honor Book)
Uri Shulevitz (1998年)

子供が「雪が降ってきた」と言います。大人たちは空を見上げません。最後まで。この空の色を見てください。大人がイメージする空。仕事に向かう時の雪のめんどくささ。大人がいだく雪のある風景を見事に描いていると思います。子供ははしゃいでいます。空の色も違うんです。

例えば Keats のThe Snowy Day を読むとピーターが真っ白な雪の世界で楽しく遊んでいます。子供たちのように空の色は変わって見えるのか?空の色にハッとさせられました。
Uri Shulevitz の色感覚を堪能しました。☆☆☆☆☆


スポンサーサイト

2005.07.08 | Shulevitz, Uri | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/46-7bfecc6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。