上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

本の表紙の絵を見て 「少女物語」 を想像して、あまり読む気はなかったのですが、サブタイトルに引かれて Hitty's Travels シリーズを読んでみました。
文: Ellen Weiss 絵: Betina Ogden

Civil War Days     (Hitty's Travels #1)
Gold Rush Days     (Hitty's Travels #2)
Voting Rights Days  (Hitty's Travels #3)
Ellis Island Days     (Hitty's Travels #4)

 
Civil War Days (Hitty's Travels #1)
Gold Rush Days  (Hitty's Travels #2)木製の手作り人形 Hitty の目をとおしてアメリカの歴史、当時の家族の生活を描いています。人形が主人公、語り部になっているので、少し手惑いましたが、歴史フィクションとして当時の状況を動的にわかるようになっています。とてもよくできた児童書シリーズだと思います。
 
Voting Rights Days  (Hitty's Travels #3)
Ellis Island Days  (Hitty's Travels #4)また、
巻末には2ページのサイズで歴史の解説があり、読了後にここを読むと知らなかったことばかりでした。少女たちが主役とはいえ、暗記して覚える歴史と違うので大人でも楽しめると思います。

年代順にシリーズにはなっていません。各巻単独の別々の家族の物語です。Hitty の設定さえ理解すればどの巻から読んでも大丈夫です。各 9,500 語位の本で、レベル3程度の読みやすさだと思います。


スポンサーサイト

2005.07.10 | 児童書 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/51-aa2e62e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。