上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

●Keatsと日本の関係は深い
知れば知るほど、Keatsは日本と日本の子供たちが好きだったのだと思う。

 もちろん、日本「だけ」が好きなのではなく、肌の色や所属する国に関係なく、Keatsは世界の子供たちが好きだった。
自分に子供がいなかったKeatsは作品のなかの子供たちに「……私の本は、ある意味では、私を親にしてくれました。」と語っている。[ Dee Jones (Curator) ] :Keats参考本1 p.35-36

そのKeatsの心は、キーツ賞受賞作品に受け継がれていると思う。

スポンサーサイト

2005.06.08 | Keats, Ezra Jack | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/6-eed2a281

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。