上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

● ブタ、ブタ、コブタ (12)
紹介する2冊はLR本 Puffin Easy-to-Read Level 2 です。レベル1ぐらい。

物語は、Jean Van Leeuwen が手がける、The Benjamin Pig Family を中心としています。シリーズ本で、何冊もあります。
ほんわか、ポカポカ系のお話です。

Tales of Oliver Pig (Puffin Easy-to-Read, Level 2)Tales of Oliver Pig (1979年)
文: Jean Van Leeuwen 絵: Arnold Lobel

父、母、兄の Oliver、妹の Amanda、祖母、が登場する、5話です。
家族愛、親子話、ほんわかしています。

で、Lobel の絵が強烈です。
「天使のブラ」 ならぬ、天使のブタです!

鼻は柔らかそうです。
シワシワがあります。おにぎり型で、肌より赤い色で、血色がいい感じ。鼻腔も涙型ではっきりしているので、「ブヒ、ブヒ」とでも聞こえそう。

なんといっても、特徴は耳でしょう。天使の羽根じゃないですか、これは。
Sendak のような感じの、シワシワな鼻にたれた耳。しかし、大きさ、耳さきが違います。
耳さきがアシカの足のよう。というよりは、羽根でしょう、この耳は。
パタパタしそうです。よく、こんな耳を描こうと思うものです。こんな耳あるわけないじゃないですか!
おばあさんから、孫まで、羽根しています。天使のブタ家系なんです。

Amanda Pig, Schoolgirl (Puffin Easy-to-Read Level 2)Amanda Pig, Schoolgirl (1997年)
文: Jean Van Leeuwen 絵: Ann Schweninger

同じ Jean Van Leeuwen が展開する、妹の Amanda が初めて学校に行きエピソードになるという、4話が収められています。

Lobel の絵から、約20年後の出版です。
Lobel の絵が強烈だったせいでしょうか、出版社は Benjamin 家のブタのイメージを壊さないように絵を描かせている、ように思えます。鼻は、柔らかみを表現するために、必ずシワを1本描かせています。

特徴は、やはり耳です。
でも、今回は、もっとイメージを変えてしまいます。
Ann Schweninger は、耳を髪の毛にイメージさせてしまいました!
これもすごいですね~。
Pig tail/s と引っかけているのでしょうか (笑)
耳にリボンをくくりつけていて、もはや、耳とは認識できません。
髪の毛として認識してしまいます!

大人のブタをのぞき、女の子のブタは、みんな耳にリボンを付けています。
それで、耳に見えずに、髪の毛を束ねているように見えるようになっています。
面白いですね~。
 
スポンサーサイト

2005.07.26 | GR・LR 本 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/67-df3e1ae0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。