上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ワシントン動物園
現地時間8月12日午後8時20分頃、日本時間8月13日午前9時20分頃から Pandacam で、赤ちゃんパンダの全身、目や耳を確認できまました。
母親 Mei Xiang が何度か体勢をかえたので、ちょうど顔もとにいました。

白黒映像ですし、伝送量を少なくするために画質も落としているのかもしれません。それでもパンダの特徴である白黒の毛並みがはっきり認識できます。ほとんど動かないので、20分以上も見えていました (^_^)
サンディエゴ動物園よりも、こちらのcubのほうが大きいので映像で認識しやすいでしょう。

なお、サンディエゴ動物園の映像は、生まれて間もないので、cubが見えると大きさを調べるために画面にスケールが瞬時に表示されるようになっています。画質もこちらの方がいいです。

Live と表示されていますが、サンディエゴ動物園のほうは約1分遅れの時計表示です。ワシントン動物園の方は約30秒進んでいます。
時計を合わせていないのか、合わせてもすぐに誤差が生じるのか…。



スポンサーサイト

2005.08.13 | News / Site の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/86-46cf510b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。