上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The Underground Railroad (Cornerstones of Freedom)The Underground Railroad (Cornerstones of Freedom) (1997年)
文: R. Conrad Stein

当時の写真とイラストを簡単に見ることができてとてもいいです。
ネットで探すのはとても大変だと思うから。1850年代当時の奴隷州・自由州、準州の地図や Timeline とか。

この本では、Harriet Tubman の奴隷からの脱出話 (Maryland から Pennsylvania への90マイル) から始まっています。彼女は自分だけではなく、その後、さらに奴隷州に戻り、地下鉄道の一員・ガイド役として黒人を脱出させた回数が18回、約300人と紹介されています。
Meet Addy: An American Girl の巻末資料では19回と書かれています。自分の分を含めているのかも。

the Mason-Dixon line という彫石や、最も有名な stationmaster (数百人に隠れ家を提供) と言われる白人の Levi Coffin の話など、初めて知る内容にくぎづけになりました。

なお、私と同じように奴隷州や地下鉄道について無知だった人が、その歴史を知ろうとして、この本を最初に読むのは薦めません。30ページの短い本ですが、内容が濃いし人物紹介が多く、何よりも英文(単語)が難しいです。レベル4~5です。日本の大学生がアメリカ史について詳しく学ぶレベルかと。
最初に読むなら07/12のエントリーで紹介した本の方が読みやすくお薦めします。

今回紹介した "The Underground Railroad" は、
SSS多読通信 第87号 (2005/7/7) / 編集:ぷーさん
このなかで
【2】今週のお薦め本 ( Cornerstones of Freedom シリーズ
 アメリカで小学校高学年向きに出版されている歴史ノンフィクションのシリ
ーズをご紹介します。歴史の解釈についてはそれぞれの国によっても違うもの。
ある事件がアメリカの子供たち向けの本にはどのように書かれているのか?そ
こに注目して読むのも面白いです。

と紹介されている1冊です。

私は、ぷーさんの書評でこの本を知って、いつか読みたいと思っていたのでした。
 
スポンサーサイト

2005.08.18 | USA | トラックバック(0) | コメント(1) |

ブログ引越ししました!
URL変わったのでよろしくお願いします~

2005.08.20 06:28 URL | ももちゃん #sSHoJftA [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nariosky.blog12.fc2.com/tb.php/95-9201e2a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。